歯並びが悪いと物がしっかりと噛めなくなり様々な症状がでてきます

歯並びが悪いと物がしっかりと噛めなくなり様々な症状がでてきます

毎日の生活の中には、生きて行く中で欠かす事のできない「食べ物を食べる」ことがあります。食べ物を食べるためには、しっかりと上の歯と下の歯を噛み合わせて咀嚼する必要があります。前歯で物を噛み切ったり、奥歯で臼のように磨り潰しながら食べ物を細かく砕いていきます。もしもこの咀嚼がしっかりとおこなえない場合は、生きていくことが困難になってしまいます。その原因は歯並びが悪いといった、不正咬合による噛み合わせの悪さによって起こっていることも多いのです。幸いなことに私たち人間は、不正咬合になってしまっても歯の矯正治療によって、歯並びと噛み合わせを整えることが可能です。

近年、不正咬合の患者さんは多くなっています。その原因の一つは、柔らかい食べ物を食べることが多くなり、硬い食べ物を食べることが以前よりも減ってきたため、顎が発達しきれずに小さいことで、歯が並ぶためのスペースが確保できないため歯が重なって生えたりすることで、不正咬合になってしまうということが考えられています。この不正咬合ですが、歯の噛み合わせを悪くなり物がしっかりと噛めなくなるだけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。 それでは、不正咬合によってどのような症状が出てくるのかをご説明いたします。

不正咬合によって起こる身体のトラブル

虫歯や歯周病になるリスクが高くなる

歯並びが悪いと、歯磨きの際に歯ブラシで磨きにくい箇所が出でくるため、どうしても磨き残しが増えてしまいます。そのため、食べカスや歯垢が磨き残ってしまうために、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。もしも虫歯や歯周病を治療しても、根本的な原因である歯並びが改善されなければ、再度虫歯や歯周病になってしまうリスクを高めてしまいます。さらに不正咬合のために口をうまく閉じられない方は、口呼吸になってしまうことが多いため、口腔内が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥した口腔内は唾液の分泌が減少するので、細菌が増えやすい環境になってしまい虫歯や歯周病が進行しやすくなってしまう場合があり、さらには口臭の原因にも繋がってしまいます。唾液には歯の再石灰化の効果もありますが、分泌量が少なくなってしまうとその効果も十分に得ることができません。不正咬合は口内環境を悪化させてしまうことにつながるのです。

消化器官に負担をかける

不正咬合によって噛み合わせが悪くなると、しっかりと食べ物を噛むことができなくなってしまいます。そのため、十分に噛まないまま食べ物を飲み込んでしまうので、胃腸などの消化器官に負担をかけてしまいます。

肩こりや頭痛が起こる

噛み合わせの悪さによって、顎に強い負担がかかってしまいます。強い負担がかかった顎の筋肉や関節は緊張を起こしてしまい、その緊張が長期間続くことで顎周りの筋肉や関節も緊張が拡がってしまうため、肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます。

顎関節症になってしまう

悪い噛み合わせは、一部の顎に偏った強い負担がかかってしまうこともあります。そのため、噛むときに顎の関節や周辺の筋肉が痛んだり、顎を開けたり閉じたりしにくくなったり、顎の開閉時に関節部分がカックンと音がなってしまうといった、顎関節症の症状を引き起こしてしまう場合があります。顎関節症は肩こりや頭痛、めまいや手足のしびれなどの症状を引き起こします。それだけではなく、急に不安になったりイライラしたりなどの感情の起伏が激しくなってしまうなどという、精神的な不調の症状が起こる自律神経失調症も引き起こしてしまう場合もあるのです。

顔の歪みが起きてしまう

噛み合わせが悪いため、左右のどちらかでしか食べ物を噛むことができない場合、偏った噛み合わせの癖がついてしまい噛み合わせの左右のバランスが悪くなってしまいます。その場合、筋肉にも影響を与えてしまいます。左右にかかる筋肉のバランスが均等でなくなってしまうため、徐々に顔に歪みが起きてしまうのです。さらに偏って噛むことで、脳への血流のバランスが偏ってしまったり、頭の重心がずれて脊髄に歪みが起きてしまい、神経を圧迫することで目や鼻、耳などの知覚機能に悪影響を及ぼしたり、腕や足などの運動機能にも悪影響が現れる危険性があります。

不正咬合によって噛み合わせが悪くなってしまうことは、身体に様々な悪影響を引き起こしてしまいます。しかし、不正咬合を矯正治療によって整えることで噛み合わせ自体を整えることが可能なため、身体に起こる悪影響を改善することにもつながるのです。 不正咬合のため歯列矯正治療をお考えの方は、一度当院のカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング