歯列矯正と不定愁訴の関係|大分県別府市の矯正歯科

矯正治療後のホワイトニング

歯列矯正治療によって歯並びがキレイに整った後に、歯の色も白く美しくすることで、さらに素敵な口元と笑顔になることから、矯正治療後にホワイトニングをおこなう方が増えています。矯正治療後におこなうホワイトニングには、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」、自宅でおこなう「ホームホワイトニング」、これらを同時におこなう「デュアルホワイトニング」があります。また、矯正装置によっては矯正治療中や、装置を外した後の保定期間中に並行してホワイトニングをおこなうことも可能なのです。

現在当院では「ホームホワイトニング」のみおこなっております。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングで、過酸化水素を薬剤として使用するため、個人差はありますが1回のホワイトニングで効果を実感することができます。しかし、色が後戻りをしやすく、平均で3ヶ月~6ヶ月ほどで元の色に戻ってしまいます。

ホームホワイトニング

歯科医院でご自身の歯に合わせて作製したマウスピースを使用して、ご自宅でおこなうホワイトニングです。マウスピースに薬剤をつけて自宅で装着することで、徐々に歯を白くしていきます。白さは6ヶ月~1年ほど持続しますが、使用時間を守ることが必要です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法で、白さを一番長持ちさせることが可能です。持続期間はもっとも長く、1年ほど白さを持続させることができます。

矯正治療後のホワイトニング

ブラケット矯正の場合

一般的なブラケット矯正の場合、歯の表側にブラケットとワイヤーが固定されているため、歯磨きの際に歯ブラシが届きにくく、汚れが溜まりやすいことから、ブラケットと歯の間などが虫歯になりかけていたり、すでに虫歯になってしまっている場合があります。この状態でホワイトニングをおこなうと、ホワイトニングの薬剤が歯に染みるだけでなく、歯自体にとっても良くありません。そのため、矯正治療を終えて装置を外してから、先に虫歯の治療をおこなった後にホワイトニングをおこなうようにしましょう。

矯正治療は、長い時間をかけて少しずつ歯並びを整えていくため、もしも矯正治療前にホワイトニングをおこなったとしても、ブラケット矯正治療中はホワイトニングをおこなうことができません。ホワイトニングは定期的におこなわないと、白さが後戻りしてしまうため矯正治療期間中に白さが後戻りしてしまいます。ですので、時間はかかってしまいますが、矯正治療を終えてからオフィスホワイトニングで歯を白くし、その後はホームホワイトニングで白さを持続させることが理想的です。

しかし、どうしても矯正治療をしながら同時に歯を白くしたい場合は、歯の裏側にブラケットを装着する舌側矯正(リンガル矯正)であれば、オフィスホワイトニングをおこなうことが可能です。その際、歯並びや噛み合わせによっては、舌側矯正を勧めることができない場合もあるため、事前に歯科医院に相談するようにしましょう。

マウスピース型矯正の場合

透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、歯を動かしていくマウスピース型矯正の場合、装置を取り外すことができるため、矯正治療後だけではなく治療中にホワイトニングを同時におこなうことが可能です。その場合、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングと、自宅でおこなうホームホワイトニングのどちらも可能です。

自宅でおこなうホームホワイトニングは、マウスピースの中に専用のホワイトニング薬剤をつけて、1日に決められた時間装着することで歯を白くしていきます。インビザラインなどのマウスピース型矯正の場合も、矯正用のマウスピースにホワイトニングの薬剤をつけて、決められた時間マウスピースを装着することでホワイトニングができるのです。マウスピース矯正は、ホワイトニングと歯列矯正を同時におこなうことができるため、特に女性からの人気が高い治療方法です。ただし、ホワイトニングの薬剤には濃度があるため、医師から指示された時間を守って装着しないと、エナメル質の内側にまで薬剤が浸透してしまうため、痛みを起こしてしまいますので、指示された時間を超えないよう注意が必要です。薬剤がついたマウスピースは、一度キレイに薬剤を落としてから再び装着するようにしましょう。

インビザライン矯正についてはこちら

保定期間中のホワイトニング

矯正治療では、装置によって歯が正しい位置に動き、歯並びが整うと装置を外すのですが、外してからしばらくの間は、歯を支える歯槽骨が安定していないため、動く前の位置に歯が戻ろうとする「後戻り」を起こしてしまいます。そのため、矯正装置を装着していた期間と同じ期間、「リテーナー」と呼ばれる装置を装着して後戻りを防ぐ「保定期間」が必要になります。その際に、マウスピース型のリテーナーを使用することで、保定期間にもホワイトニングをおこなうことができます。リテーナーに薬剤をつけて歯に装着することで、歯の保定だけでなくホワイトニングも併用できるようになります。矯正治療後にホワイトニングを受ける必要がなくなるため、費用を抑えるとともに治療期間を短縮することもできます。ただし、歯の移動をコントロールするためのアタッチメントを歯の一部に装着している場合は、ホワイトニングはできないため注意しましょう。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング