骨虫歯があっても矯正治療はできる?|大分県の矯正歯科

虫歯があっても矯正治療はできる?

歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。虫歯がある場合でも矯正治療をおこなうことは可能ですが、その場合、基本的に虫歯治療が終わってから矯正治療を開始します。一般的なブラケット矯正は、矯正治療中は装置を外すことができないことから、普段よりも虫歯になりやすく、虫歯を放置したまま矯正治療をおこなうことで虫歯が悪化してしまう危険性があるのです。

虫歯画像

(注)矯正治療前の虫歯治療

虫歯がある場合の矯正治療は、基本的に虫歯治療が終わってから矯正治療を開始します。ですが、歯と歯の間の小さな虫歯などは、矯正治療によって歯が動いて歯と歯の間に隙間ができた段階で治療をおこなうことで、歯の削る量が少なくて済む場合もあります。虫歯が進行してしまい大きく削る必要がある場合は、矯正前に歯を削り詰め物や被せ物の処置をおこないますが、矯正治療によって噛み合わせが変化することもあるため、矯正治療中は仮歯での処置を行う場合もございます。

矯正治療中の虫歯予防

一般的なブラケット矯正の場合、矯正治療中は装置の取り外しができません。また、装置がデコボコしているため、歯と装置の隙間などに食べカスや歯垢が溜まりやすく、歯磨きもしづらい箇所が多くなってしまいます。さらに、装置によって唾液が歯の隅々まで行き渡りにくくなることで、唾液の自浄作用や殺菌作用、再石灰化作用などが十分に発揮できなくなってしまいます。そのため、矯正治療中は虫歯のリスクが高くなるので、普段よりも丁寧なセルフケアが大切です。

ご自身での歯磨きの際には、矯正用の歯ブラシを使用するとともに歯間ブラシやタフトブラシを併用して、装置部分の磨きにくい箇所の汚れを取り除きましょう。 ご自身でのセルフケアだけでなく、歯科医院で定期的に装置の調整をおこなう際に健診と一緒に歯のクリーニングをおこなうことは、ご自身では落としきれない汚れもキレイに取り除くことができるだけでなく、歯磨き指導を受けることでセルフケアの向上にも繋がることから、虫歯予防に効果的です。しかし、もしも虫歯ができてしまうと、装置があることで治療ができない箇所や、虫歯が進行してしまい抜歯の処置が必要になる場合には、一旦装置を外して虫歯の治療をおこなわなければいけないケースもありますので注意しましょう。

虫歯になりにくい矯正治療

舌側矯正(リンガル矯正)

舌側矯正

一般的なブラケット矯正は歯の表側に装置を装着しますが、舌側矯正は歯の裏側に装置を装着する治療法です。歯の裏側に装置があることで、歯磨きがしづらく虫歯になりやすいと思われがちですが、歯の裏側のエナメル質は表側よりも3倍も厚く、さらに唾液が常に循環していることから、歯の裏側は虫歯になりにくい環境なのです。ただし、歯磨きがしづらくなることには変わりないので、虫歯を予防するためには、より丁寧なブラッシングと併せて歯科医院での歯のクリーニングが重要となります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

インビザラインなどのマウスピース矯正は、ご自身で装置が取り外しができることから、歯磨きの際に取り外すことで普段通りにセルフケアをおこなうことが可能です。(注)また、マウスピース矯正の種類によっては、虫歯がある場合でも矯正治療と並行して虫歯治療をおこなうことができます。しかし、マウスピース矯正の中でも近年普及率の高いインビザラインは、治療開始までに全てのアライナー(マウスピース)を作製するので、治療が始まってから虫歯治療をおこなうことで装置が合わなくなってしまうこともあるため、矯正治療前に虫歯の治療を終えておくことが必要です。 マウスピース矯正は、正しいケアがおこなわれていれば矯正治療による虫歯のリスクは少ないのですが、口腔内が清潔な状態で装置を装着しないと、装置の中で細菌が繁殖してしまいます。また、装置内は唾液の循環が弱くなるので、不衛生な口腔環境は虫歯のリスクを高くしてしまいます。そのため、ブラケット矯正と同様に、定期的に歯科医院での健診と歯のクリーニングをおこなうようにしましょう。

まとめ

虫歯がある場合でも、虫歯治療をおこなうことで矯正治療は可能です。また、矯正治療方法によって矯正治療中の虫歯のリスクが異なります。しかし、虫歯にならないためには毎日のセルフケアを正しくおこなうとともに、歯科医院での健診と歯のクリーニングを定期的におこなうことが重要です。矯正治療をお考えの方は、歯科医師としっかり相談してからご自身に合った治療をおこなうことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング