矯正治療における痛みの対処法|大分県の矯正歯科

矯正治療における痛みの対処法

矯正治療を受けたくても、痛みが心配で治療を躊躇している方もいらっしゃいます。矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。しかし、痛みへの対処法もあるため、痛みを軽減することも可能です。

矯正治療における痛みの原因

装置による痛み

一般的な矯正治療である、歯の表側に金属製のブラケットという装置を装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かす「ブラケット矯正」は、痛みの感じ方や程度に個人差があり、装置を装着した当日〜数日間は強い痛みを生じることが多いのです。しかし、これは歯が動くメカニズムによる痛みなのです。 矯正装置によって歯を動かす方向へ矯正力が加わることで、その力が歯根膜に伝わり、歯が動く方向側の歯根膜は縮み、反対側の歯根膜は引っ張られることで引き伸ばされます。歯根膜は一定の厚さを保つ性質があるため、引き伸ばされた側の歯根膜は元の厚さに戻ろうとして、骨を作る細胞をつくります。(骨再生)反対に、縮んでしまった歯根膜は骨を溶かし始めます。(骨吸収)この骨吸収と骨再生を繰り返す「骨代謝」によって歯が移動していきます。装置による痛みは、この骨代謝によって生じる痛みなのです。

装置が口内に当たることによる痛み

一般的なブラケット矯正の場合、装置がデコボコしているため口内の粘膜に当たってしまうことがあり、傷ついたり口内炎ができて痛むことがあります。特に、矯正開始時は歯並びも悪いことで口内に当たりやすく、こうした痛みを生じやすいですが、徐々に歯並びが整っていくと装置が当たらなくなるので痛みも解消していきます。

噛んだ時の痛み

食べ物を噛んだ時や、歯と歯を噛み合わせると痛みを生じることがあります。この痛みは装置の装着開始時や装置の調整に生じ、数日間続くことがあります。

矯正治療における痛みの対処法

歯列矯正用ワックス

ブラケット矯正は装置がデコボコしているため、装置が口内の粘膜に当たってしまうことで痛みを引き起こしてしまう場合があります。この場合、透明のワックスでブラケットやワイヤー部分をカバーする方法があります。このワックスは「歯列矯正用ワックス」と呼ばれ、時間が経つと固まるシリコン製のものと、ちぎって使用するタイプのものがあります。もし飲み込んでしまっても、人体には害がない素材で作られているのでご安心ください。

痛み止めの服用

矯正治療で起こる痛みの多くは、矯正力によって骨代謝が起こる際の炎症反応によるものです。そのため、通常では1週間程度で痛みは軽減するのですが、痛みが我慢できない場合は痛み止めを服用することも良いでしょう。その際は、炎症反応を妨げることなく鎮痛効果があるアセトアミノフェンなどの痛み止めを服用することが良いです。もしも分からない場合は、歯科医院に相談するようにしましょう。

食事の改善

ものを噛むときに痛みを生じる場合は、おかゆや柔らかく煮たうどん、具の入っていないスープなどのあまり噛まなくても良いものを摂ることも良いでしょう。ただし、栄養のバランスも大切なので、偏った食事には気を付けるようにしましょう。もしも、口内炎が酷いときはビタミンB2、ビタミンB6の豊富な食材を取り入れることもお勧めです。

痛みの少ない矯正治療法を選択する

矯正治療方法の一つであるマウスピース矯正治療は、一般的なブラケット矯正治療よりも痛みが少ないといわれています。そのため、痛みの少ないマウスピース矯正による治療も選択肢の一つに入れておくのも良いでしょう。マウスピース矯正の中でも、「インビザライン」は、アライナーと呼ばれるマウスピースの一枚の歯の移動量が0.25mmと決まっており、少ない痛みで治療をおこなうことが可能です。

また、近年ではワイヤーを締め付けない、「デーモンシステム」(セルフライゲーション)という新しい矯正治療方法もあり、痛みが少なく治療期間も短い治療が可能となっています。これまでのブラケット矯正では、ブラケットをワイヤーに固定するためにゴムやリングなどを取り付けて結紮する必要がありましたが、デーモンシステムはワイヤーを開閉式のシャッタータイプのブラケットで挟み込む自己結紮の矯正装置なので、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を抑えることができます。さらに、歯にかける力も従来のブラケット矯正治療に比べて10分の1に抑えることが可能になることから、痛みの少ない治療をおこなうことができるのです。

当院では、デーモンシステムのブラケットが透明なセラミック製の「デーモンクリア」を導入しております。

Doctor’s コラム

2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。
2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング