歯並びが悪いことで発生する弊害|大分県別府市の矯正歯科

歯並びが悪いことで発生する弊害

歯並びがデコボコだったり、上顎前突のようないわゆる「出っ歯」といわれる不正咬合が原因で、口腔内に悪影響が起こるだけではなく、身体全体にも悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。歯並びが悪いことで発生する弊害にはどのようなことがあるのでしょうか。ご説明いたします。

歯並びが悪いことで発生する弊害

噛み合わせが肩こりや頭痛を引き起こす

不正咬合は噛み合わせを悪くしてしまうため、咀嚼の際に顎に負担がかかってしまいます。顎周りの筋肉が過緊張を続けてしまうと、血行も悪くなってしまうため筋肉に痛みが生じます。筋肉の過緊張は次第に顎から顎周辺へと緊張の範囲を広がっていき、肩周りの筋肉に痛みが生じることで肩こりが起こります。また、顎の関節も負担がかかってしまうことで頭痛や首の痛みを引き起こしてしまいます。

歯ぎしりや食いしばりを起こしてしまう

不正咬合による悪い噛み合わせや、詰め物や被せ物が噛み合う際に一部だけ強くぶつかってしまった場合、一部の歯が他の歯よりも強く噛み合ってしまい、歯の摩擦が多くなってしまいます。そのため就寝時などに歯が噛み合うポイントが悪くなるため、歯ぎしりや食いしばりを起こている場合があります。歯ぎしりは、ご自身では気づいていないことが多い症状です。歯ぎしりは歯や顎の痛みや、肩こりや頭痛の原因になってしまうこともあります。また歯ぎしりは、歯に負担がかかるため歯が欠けてしまったり、割れたりする場合があります。さらに歯茎にも強い力がかかってしまうので、歯周病の場合は症状を悪化させてしまう原因にもなってしまいます。歯ぎしりは不正咬合以外にも、ストレスなどの心因的要因で引き起こす場合もあります。

歯ぎしりについて詳しくはこちら

顎関節症を引き起こす

悪い噛み合わせは、顎に過度の負担がかけてしまいます。さらに顎周辺の筋肉や関節も過緊張を起こしてしまいます。そのため、口を大きく開けたりするときに顎の関節や顎の筋肉が痛んだり、口を開けたり閉じたりしにくくなったり、口の開閉時に顎の関節部分がカックンと音がする症状を起こします。この状態を顎関節症といいます。 顎関節症の症状は他にも、肩こりや頭痛、めまいや耳鳴り、さらに急にイライラしたり、気分が落ち込んだりといった、精神的な疾患である自律神経失調症を引き起こしてしまう場合もあるのです。

顎関節症について詳しくはこちら

自律神経失調症を引き起こす

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうことが原因で、身体とや精神に様々な症状が現れてしまうことをいいます。さらに生活リズムが乱れてしまったり、過度のストレスや女性ホルモンのバランスが乱れることが原因ともいわれています。また症状が顎関節症の症状と似ていることから、身体の筋肉の緊張から起こる肩や首筋のこり、頭痛などから自律神経失調症が引き起こされている場合も多いと考えられています。他にもストレスを感じた際に、歯を食いしばる癖があることで首回りの筋肉や関節を過緊張させてしまうことも原因の元になっている場合もあります。不正咬合による悪い噛み合わせから顎関節症を引き起こす場合があるため、自律神経失調症と不正咬合は関係性があるといえるのです。中には、歯列矯正治療中にも自律神経失調症の症状がみられる場合もありますが、これは歯列矯正によって一時的に歯が動くため、噛み合わせが不安定になることがあるからです。不安定な噛み合わせは、顎周辺の筋肉や骨にも影響を与えてしまうため、自律神経失調症と似た症状が起きてしまうのです。歯列矯正によって歯並びや噛み合わせが変わることが自律神経失調症の症状と関係しているのです。

自律神経失調症について詳しくはこちら

身体の歪みを引き起こす

食事の際に、不正咬合のために噛みやすい方の歯で偏って食べ物を噛む癖があると、偏った咀嚼は頭の軸を傾けてしまいます。身体はバランスを取ろうとするため顎から肩に繋がる筋肉が過緊張を起こしてしまい、それにより顎周りの左右の筋肉のバランスを崩してしまい肩こりや頭痛を引き起こし、徐々に身体全体が歪んでしまいます。また奥歯か前歯のどちらかに噛む力が偏ってしまう場合も、頭の重心が変わってしまうため頚椎が歪んでしまい神経伝達障害を起こし、手足の痺れなどが起こります。

虫歯や歯周病になるリスクが高くなる

歯並びが悪いと、歯ブラシで届きにくい箇所が出てくるため、キレイに磨いたつもりでも磨き残しが起きてしまい、食べカスや歯垢が残ってしまうために虫歯や歯周病になりやすいです。その場合、虫歯や歯周病を治療したとしても根本的な原因である歯並びは改善されないため、再度虫歯や歯周病になってしまいます。さらに不正咬合のために口をうまく閉じられない場合、口呼吸になりやすく口腔内が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥した口腔内は唾液の分泌が減少するため、細菌などが増えやすく虫歯や歯周病が進行しやすくなってしまい、口臭の原因にも繋がってしまいます。

消化器官に負担をかける

不正咬合によって噛み合わせが悪くなると、食べ物を咀嚼しにくくなってしまいます。そのため、十分に噛まずに飲み込んでしまうため、胃腸などの消化器官に負担をかけてしまいます。

不定愁訴を引き起こしてしまう場合もある

不定愁訴とは、身体に不調が起きた場合に一般的に病院などで検査をおこなっても、特定の発症原因が分からず病名も特定できないような原因不明の不調のことをいいます。不正咬合との関係性はハッキリとは分かっていませんが、歯列矯正をおこなう際に見た目を重視した審美的な面だけの矯正治療をおこなうことで、治療中や治療後に噛み合わせが悪くなってしまい、体に原因不明の不調が出てしまう不定愁訴を起こしてしまう場合もあります。

歯並びにコンプレックスを感じてしまう

歯並びがデコボコだったり、上顎前突などの歯並びが悪いことが大きなコンプレックスとなってしまうため、会話をしたり食事をする際に相手から口元を見られることが恥ずかしくなり、口元を手で隠して話したり、俯いてしまいがちになってしまう方は多くいらっしゃいます。さらに歯を見せて笑うことができなくなり、自然な表情が作れなくなり、次第に内向的になってしまうこともあります。歯並びがコンプレックスになっている期間が長ければ長いほど、笑い方や話すときの口の動きに癖がついてしまうため、歯列矯正治療をしても自然な表情に戻るまでには時間がかかってしまう場合があります。歯並びと心の関係は密接に関係しているのです。コンプレックスの解消は心の健康にも繋がります。

Doctor’s コラム

2019/9/10
歯列矯正はいつから始める?
歯列矯正によって歯並びを整えることは、審美面だけでなく体の健康状態の改善にも良い影響を及ぼすことが分かっています。では歯列矯正は具体的にいつから始めるべきなのでしょうか。
2019/9/7
歯科矯正で抜歯後、正しい過ごし方とは
不正咬合や噛み合わせを整えるために矯正前に抜歯が必要になる場合があります。矯正治療で抜歯をした後はどのようにして過ごせば良いのでしょうか。抜歯後の正しい過ごし方をご説明いたします。
2019/9/5
歯並びが悪いことでコンプレックスを抱く原因になる
不正咬合が気になり口元を手で隠して話すようになってしまう方が多くいらっしゃいます。歯列矯正によって改善できることなどをご説明いたします。
2019/9/3
歯並びが悪いことで発生する弊害
歯並びが悪いことで口腔内に悪影響が起こるだけではなく、身体全体にも悪影響を及ぼしてしまうこともある発生する弊害にはどのようなことがあるのでしょうか。ご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング