口腔腫瘍|大分県別府市の矯正歯科

予防歯科の重要性

予防歯科とは

近年、歯科治療に対して、これまでの「虫歯や歯周病になってから歯科医院で治療する」という考え方ではなく、「虫歯や歯周病にならないように予防する」という「予防歯科」の考え方が重要視されています。虫歯や歯周病は、初期段階では痛みなどの自覚症状などがほとんどなく、自覚症状が出た段階ではかなり進行してしまっている可能性が多いことから、気付いた時に治療をおこなうと治療も大がかりになってしまいます。また、歯や歯周組織にダメージが蓄積してしまうため、歯の寿命を短くしてしまうことに繋がるのです。

スウェーデンの予防歯科

歯科先進国であるスウェーデンでは、虫歯予防にはご自身でのセルフケアだけでなく、歯科医院での健診と歯のクリーニングがとても重要であることが調査により分かったことで、「予防歯科」の考えを国家的な歯科医療方針として採用し、歯科医院で「予防歯科」を受診することを義務化しました。そのため、今では国民全員が定期的に歯科医院での定期検診と歯科指導、治療を受けており、20歳未満の国民は歯科医院での治療費用は全て無料でおこなうことができます。子供の頃から当たり前に歯の健診を受けることで、生活習慣の一つとして歯の健康を維持することが定着しているのです。

予防歯科のメリット

ご自身の歯を健康に保つことができる

毎日のご自身のセルフケアだけでは、どうしても磨きづらい箇所などに食べカスなどの汚れが磨き残ってしまいます。しかし、歯科医院での歯のクリーニングをおこなうことで、磨き残しもキレイに除去することができるため、虫歯や歯周病のない健康な歯を保つことに繋がります。

口腔内のトラブルを早期の段階で発見することができる

ご自身ではなかなか気付くことができない口腔内のトラブルなども、歯科医院での定期的な健診によって細かくチェックすることで、早期の段階で発見できます。そのため、トラブルを未然に防ぐことができます。

歯への負担の少ない治療をおこなうことができる

虫歯や歯周病を早期の段階で発見することができれば、治療も比較的簡単に済みます。早期治療によって、痛みなどの身体的負担もほとんどなく、歯への負担も軽減できます。

治療費用を抑えることができる

虫歯や歯周病は口腔内だけではなく、糖尿病などの全身疾患とも大きく関連しています。そのため、定期的に歯科医院での健診や歯のクリーニングを受けることは、ご自身の健康な歯で快適に過ごすことに繋がるので、将来的にかかる医療費も抑えることが期待できます。

8020運動とは

8020運動とは、1989年(平成元年)より厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推奨している「80歳になっても20本以上自分の歯を保ちましょう」という運動です。私たちは、親知らずを除く28本の歯のうち、少なくても20本以上ご自身の歯があれば、ほとんどの食べ物を不自由なく、美味しく食べられるといわれています。高齢になっても、20本以上ご自身の歯があることで、生活の質「QOL」を良好に保ち、快適で充実した食生活を送り続けてほしいというのが、8020運動の主旨なのです。

8020運動が始まった1989年当初の8020達成率は、わずか7%程度(平均残存歯数4~5本)でしたが、年々着実に達成率は上がっていき、2017年6月に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査(2016年調査)では、達成率が51.2%となりました。虫歯や歯周病からご自身の歯を守るためには、予防に対する自覚や意識が大切です。もしも、8020を達成できなかった方でも、しっかりと噛み合ったインプラントや入れ歯などの補綴物で食べ物を噛むことができ、口腔内の状態を良好に保つことが可能であれば、ご自身の歯が20本あるのと同じ程度の効果が得られますし、全身の栄養状態も良好になります。さらに、よく噛むことで刺激が脳に伝わり活性化されるので、認知症のリスクも軽減するということも分かっています。

いつまでも美味しく食事を食べることができるとともに、健康寿命も延ばすためには、ご自身での正しいセルフケアをおこなうだけでなく、定期的に歯科医院での健診や歯のクリーニングをおこなう「予防歯科」が大切なのです。

歯科医院でおこなう予防歯科の治療

スケーリング

歯科医師や歯科衛生士がスケーラーという器具を使用して、ご自身では取り除くことのできない歯石を除去します。歯石には歯垢が付着しやすいため、歯周病予防のためにも除去することが大切です。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具を使用しておこなう歯のクリーニングです。PMTCでは、歯茎の中の歯石や、細菌の集合体である「バイオフォルム」などの汚れもキレイに除去することができます。さらに、仕上げにフッ素を塗布することで、歯の石灰化を促すとともに、酸に強い「フルオロアパタイト」を生成します。また、エナメル質を強くすることで、虫歯になりにくい歯になりますし、口腔内の細菌の活動を抑制させる働きもあります。

歯磨き指導

毎日の歯磨きは、虫歯や歯周病の予防にとても重要です。しかし、正しいブラッシングができなければ、磨き残しが増えてしまったり、磨きすぎることで歯の表面が削れてしまい、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまう場合もあるのです。そのため、正しい歯磨きの仕方についての指導を受けて、ご自身に適した磨き方を身に付けることは、大切な歯の健康を守るためにも大切なのです。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング