出っ歯を改善|大分県別府市の矯正歯科

出っ歯を改善すると若く見えるようになる?

悪い歯並び(不正咬合)にも種類があります。その中でも、見た目の印象が大きい不正咬合の一つとして、出っ歯と呼ばれる「上顎前突」という不正咬合があります。症状としては口を閉じていても、上の顎が前に出てしまっている、または前歯が大きくて前方に傾いてしまっているため、前歯の一部が見えてしまっているような歯並びのことをいいます。出っ歯がコンプレックスとなってしまい、人前で歯を見せて笑うことが出来なかったり、話すときに手で歯を隠してしまったりする癖がついてしまう場合もあります。

もともと明るい性格の方でも、歯並びのコンプレックスが原因で引っ込み思案な性格になってしまうこともあるのです。逆に、歯列矯正治療をおこない歯並びを正しく整えた場合、人前で歯を見せるというコンプレックスから解放されるため、明るく前向きな性格になる場合もあります。不正咬合のコンプレックスは心の健康とも大きく関係しているのです。さらに、出っ歯を歯列矯正によって改善すると見た目も若く見えるようになることもあるのです。これには、ほうれい線や口周りのシワが出っ歯と関係しているからなのです。

出っ歯とほうれい線やシワの関係

頰との境界線が目立ちやすいとほうれい線が際立つ

出っ歯の場合は口元が前方に出ているため、頰の骨の部分と比較すると前歯の部分の方が前方へと出てしまいます。口と頰の境界線にほうれい線ができるため、口元が前に出ている出っ歯は頰との境界線が目立ちやすくなるため、ほうれい線が際立ってしまうというわけなのです。出っ歯ではなくでも、口元が前へ出ている方は頰との境界線が目立ちやすくなってしまいます。ほうれい線はこの境界線によって変わります。

鼻の下を伸ばす癖によりほうれい線が目立つ

出っ歯のように前歯が唇からはみ出てしまう場合、口がうまく閉じることが出来ないため、前歯を隠そうとして無理に上唇を被せる癖がついている場合があります。日常的に鼻の下を伸ばす癖がつくと、肌は縦の伸縮を繰り返してしまうためシワになるやすい状態になってしまいます。ほうれい線は縦に伸びるようにできるシワなので、鼻の下を伸ばす癖が原因でほうれい線が目立ちやすくなってしまうことがあります。

口周りの筋力の低下がほうれい線を目立たせる

出っ歯の場合、口をうまく閉じることが出来ないため自然と口呼吸になってしまいがちです。口呼吸が癖になると、いつも口が半開きのような状態が多くなってしまいますので、口周りの筋肉が衰えていきシワができやすい状態になるのです。意識的に口呼吸をやめることは、シワやほうれい線を目立たせる事だけではなく、口腔内の乾燥を防ぐこともできるため虫歯や歯周病を防ぐことにも繋がるので、なるべく鼻呼吸をするようにしましょう。

抜歯矯正治療をするとほうれい線が出る?

矯正治療は、歯のスペースを確保するために抜歯が必要となる場合があります。その際に、出っ歯のために前の方へ張り出していた肌が、抜歯により歯の支えがなくなってしまうことで、口元がたるんでしまうことがあります。それによって、ほうれい線が目立つように感じる場合があります。しかし全てが矯正で抜歯をおこなったことが原因ではない場合もあるため、矯正治療によってほうれい線ができるということは一概には言い切れません。

ほうれい線ができない治療をおこなうために

ほうれい線やシワによって見た目が老けてしまう場合があります。上記の出っ歯とほうれい線やシワの関係から、矯正治療によって出っ歯が改善されることで口周りの筋肉のバランスも整うので、ほうれい線の改善にも役立つこともあるのです。矯正治療後にほうれい線が目立つという場合も、矯正後しばらくすればほうれい線が目立たなくなることも十分に考えられます。矯正治療によって歯並びも整いほうれい線も目立たなくなることで、見た目も若く見られます。 矯正治療の際に、ほうれい線やシワのトラブルが起きないためにも、歯列矯正をする前にほうれい線について不安であることを歯科医師に伝えることも大切です。歯列矯正の際に、ほうれい線が目立ちにくいような治療方法を考えてくれる場合もあります。そのため、矯正治療前の事前のカウンセリングで、ほうれい線を含めた口元の影響についても医師と相談し、納得してから治療をおこなうことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。
2020/6/19
歯を失う原因
歯を失ってしまうことは、口腔内だけでなく身体全身にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。虫歯や歯周病を予防することは、歯を守ることにも繋がるため、予防歯科」の徹底が重要です。
2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング