下顎前突の症状と治療法|大分県別府市の矯正歯科

下顎前突の症状と治療法

下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、いわゆる「受け口」と呼ばれる不正咬合で、上下の歯の噛み合わせが逆になっていることから「反対咬合」とも呼ばれます。下顎前突は見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多いです。また、見た目だけでなく噛み合わせも悪くなってしまうので、口腔内や全身に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。

下顎前突の原因

遺伝

生まれつき下顎が上顎よりも大きかったり、上の顎が小さいなどといった骨格性の遺伝が原因で下顎前突になる場合があります。また、両親のどちらかが下顎前突症の場合、子供にも遺伝してしまうケースもあります。

舌癖の原因

舌癖の主な原因として、幼い頃からの指しゃぶりの癖や、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、慢性鼻炎、扁桃肥大、アデノイドなどの鼻や喉の病気のため、口呼吸になってしまう場合や、舌の裏のひもの部分「舌小帯」が短いといったことが考えられます。舌小帯が短いと、舌を上に持ち上げることができないため、舌を前方に出す癖がついてしまいます。その際は小手術が必要になります。

子供の頃の悪癖

子供の頃の指しゃぶりの癖や、下の顎を前に突き出す癖、舌で歯を押すといった舌癖、頬杖を突くなどいった悪癖によって下顎前突になってしまう場合があります。

口呼吸

口呼吸の癖があると、舌の位置が不安定になってしまいます。舌の位置は、通常上顎の内側の口蓋部分に接触しており、舌と頬の力のバランスを保っているのですが、舌の位置が不安定になると下顎の内側に張り付いてしまいます。それによって、下の前歯の裏側を押してしまい、下顎前突になる場合があります。また、慢性鼻炎などで鼻が詰まっていることで口呼吸をしている場合も、下顎前突になりやすいといわれています。

下顎前突が引き起こす口腔内や身体への悪影響

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

下顎前突は噛み合わせが反対になってしまうので、下の前歯が上の前歯を突き上げてしまう場合があります。また、上下の歯の噛み合わせが悪いことで、噛む力が均等に分散されずに特定の歯に過剰な力がかかってしまう場合もあり、負担がかかり続けた歯の骨は徐々に吸収していきます。また、口がしっかりと閉じないため口呼吸になりやすく、口腔内が乾燥してしまいます。そのため、唾液の分泌量が少なくなり、唾液の自浄作用や殺菌作用がうまく機能できなくなるので、口腔内に虫歯や歯周病の原因菌が増殖してしまい、虫歯や歯周病のリスクが高くなるのです。

消化器官に負担がかかる

下顎前突は噛み合わせも悪くなるため、食べ物をしっかりと噛み砕くことができないまま飲み込んでしまうので、胃腸などの消化器官に負担がかかってしまいます。さらに、栄養も効果的に吸収することができなくなることで、栄養不足になってしまうこともあります。

発音が悪くなる

下顎前突の場合、特定の発音がしづらくなります。中でも「サ行」の発音に影響がでやすく、舌っ足らずな喋り方になってしまう場合があります。さらに、英語の発音にも影響がでてしまう可能性があります。

下顎前突の治療法

下顎前突の治療方法として歯列矯正治療があります。主にブラケットという装置を歯の表面に装着して、ワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かしていく「ブラケット矯正」と、マウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交換していくことで歯を徐々に整えていく「マウスピース矯正」があります。 一般的な矯正治療である唇側矯正の場合、金属製の装置が目立ってしまうため、仕事に支障をきたす方もいらっしゃいます。その場合、目立ちにくい矯正治療方法である、歯の裏側に装置を装着する「舌側矯正」や、マウスピース矯正によって治療をおこなうことも可能です。また、症状によっては抜歯を伴うこともあるため、事前に歯科医院でのカウンセリングで確認するようにしましょう。

 

外科処置が必要な顎変形症とは

顎変形症とは

下顎前突の原因が、顎の骨の位置や大きさの異常によって引き起こされている場合があります。それによって、噛み合わせや発音などの機能異常を起こしている場合を「顎変形症」といい、歯列矯正治療をおこなっても根本的な原因を改善することができないため、歯科医師に顎変形症によって口腔内の機能に異常があると判断された場合は、通常の矯正治療だけでなく、顎の骨を切る「骨切除手術」という外科処置を併用しておこなう必要があります。骨切除手術によって土台となる顎の骨を切ることで、噛み合わせに無理のない位置に骨を動かすことができます。手術後は、一般的な矯正治療によって歯を正しい位置に動かしていきます。

顎変形症は保険が適用される?

歯列矯正治療は基本的に保険適用外治療(自由診療)になるため、治療にかかる費用は全額自己負担になります。しかし、顎変形症と診断された場合の矯正治療は、医療保険が適用される場合があります。ただし、医療保険が適用されるためには、厚生労働省の定める指定自立支援医療機関(育成・更生医療)の条件を満たした医療機関での治療を受けることが必要です。

まとめ

下顎前突を改善することは、見た目のコンプレックスからの解消や、口腔内だけでなく全身の健康に良い影響を与えることで、生活の質「QOL」の向上にも繋がります。もしも下顎前突でお悩みの方は、一度歯科医院で相談して頂くことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング