歯並びが悪くなる原因は遺伝?|大分県別府市の矯正歯科

歯並びが悪くなる原因は遺伝?

デコボコした歯並びや、出っ歯や受け口などの歯並びが悪くなる原因は様々です。不正咬合の原因は、先天的なものと後天的なものがあります。

歯並びが悪くなる原因

遺伝

歯並びが悪くなる先天的な原因として挙げられるのは、「遺伝」です。歯の形や大きさは遺伝的要因がとても強く、顔の形や、骨格も遺伝が関係しているのです。そのため、両親のどちらかの歯が大きかったり、顎が小さいために歯並びが悪い場合は、遺伝的に歯が大きかったり顎が小さいということがあるのです。歯が大きく顎が小さい場合、歯が並ぶための十分なスペースが足りなくなってしまうため、歯が重なって生えたり、傾いて生えてしまうのです。 しかし、成長期に顎の大きさや歯が並ぶ位置を歯列矯正治療などによってコントロールすることで、歯並びが悪くなるのを未然に防ぐことも可能です。そのため、幼い頃から定期的に歯科医院での定期検診を受けるようにしましょう。

先天的疾患

上唇小帯や舌小帯の異常、唇顎口蓋裂のような先天的疾患などが、歯並びに悪影響を及ぼすこともあります。 上唇小帯とは、歯茎と唇が完全に離れてしまわないように繋いでいる、上唇の正中にある粘膜のヒダの部分のことで、小帯が歯茎の頂点にまで伸びている(上唇小帯付着異常)と、上唇が歯茎に固定されてしまうため、前歯がすきっ歯(正中離解)になってしまうのです。治療は、専門機関での手術が必要です。

舌小帯とは、舌の裏側の先端から口底部にヒダ状のもので、このヒダが生まれつき太く短い場合があり(舌小帯短縮症)、それによって舌全体の動きが悪くなり、発音や喋り方に悪影響を及ぼしてしまったり、開咬や受け口になることがあります。治療は、同じく専門機関での手術が必要です。 唇顎口蓋裂とは、生まれつき上口唇が割れている「口唇裂」、上顎の歯茎が裂けている「顎裂」、口蓋が裂けて口腔と鼻腔が繋がっている「口蓋裂」の合併症です。上顎の成長が極端に悪くなることから、受け口などになりやすかったり、歯胚が欠如することで歯が生えてこない場合もあり、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼしてしまいます。治療は、出産直後から成人するまで、長期間に渡る一連の治療が必要となります。口腔外科、矯正歯科、小児歯科、形成外科、耳鼻咽喉科、小児科、言語治療科、一般歯科などによる総合治療が必要です。

顎の発育不良

歯並びが悪くなる後天的な原因として、生活習慣などによる顎の発育不良が挙げられます。顎の骨は、よく噛むことで顎の骨が刺激され成長します。しかし、昔に比べ現代人は柔らかい食べ物を好んで食べる傾向にあるため、噛む回数が少なくなってしまうことで顎が成長しないのです。そのため、歯と顎の大きさがアンバランスになってしまい、歯並びが悪くなってしまうのです。子供の頃から柔らかい食べ物ばかりを食べるのではなく、歯ごたえのある食べ物をしっかりと噛んで食べ、顎の発育を促すことが大切です。

虫歯や歯周病

虫歯や歯周病が原因で、歯並びが悪くなることがあります。乳歯が虫歯になってしまった場合、永久歯に生え変わるからと虫歯を放置してしまうことで、普通より早い時期に乳歯が抜けてしまうことがあるのです。さらに、抜けた乳歯をそのままにしておくことで、周囲の歯が傾いてきてしまうので、永久歯の生えるスペースがなくなり、永久歯が揃って生えることができずに重なって生えたり、傾いて生えてしまうため、歯並びが悪くなってしまいます。乳歯が虫歯になり早めに抜けてしまった場合、永久歯にも悪影響を及ぼします。そのため、なるべく早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

また、永久歯が生え揃ってからの虫歯や歯周病にも注意が必要です。特に歯周病は、歯を支える歯槽骨を溶かしてしまうため、歯がグラグラと動くようになります。それによって歯並びが乱れてしまったり、歯周病によって歯が抜けてしまった場合、放置してしまうと他の歯が抜けた隙間の方に移動してしまいます。それによって歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうのです。永久歯は失うと二度と生えてくることはありません。ですので、虫歯や歯周病を予防するためにも、毎日の正しいセルフケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスをおこなうことが大切です。

悪い癖

小さい子供の指しゃぶりや爪を噛む癖、舌を突き出したり舌で歯を押す癖、唇を噛む癖、頬杖といった普段の生活における悪い癖も、歯並びが悪くなる原因になる場合があります。子供の頃の指しゃぶりなどの癖は、何か不満があったり、満たされていなかったり、寂しさといった「心因的要因」が理由である場合も多いため、悪い癖を治すことは重要ですが、同時に癖をしている根本的な要因を取り除いてあげることも大切です。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング