矯正器具による口内炎の対処法は?|大分県別府市の矯正歯科

矯正器具による口内炎の対処法は?

矯正歯科治療を受けている人の多くの悩みの一つとして、矯正器具が口の粘膜にあたってしまうことが原因として起こる口内炎があります。矯正器具による口内炎は、そのほとんどが矯正を始めた初期の頃に起こる症状です。しかし、口内炎はすぐに治らないため、しばらくの間、痛みを伴いながらの生活になってしまうために、食事をするのも辛くて食べるのも大変になり、日々の生活にストレスを感じてしまいます。矯正器具による口内炎の対処法にはどのようなことがあるのでしょうか。治療法や予防法などと共にご説明いたします。

矯正器具による口内炎(カタル性口内炎)

矯正歯科治療中は、矯正器具が口腔内の粘膜を刺激してしまうことが原因で口内炎ができやすくなってしまいます。この刺激で起きる口内炎をカタル性口内炎といい、ストレスやビタミン不足で起こる「アフタ性口内炎」やウィルス感染によって引き起こされる「潰瘍性口内炎」などとは違う口内炎です。矯正器具を使用したばかりのころは、器具の刺激に口腔内が敏感になってしまいやすいために、カタル性口内炎が起きてしまいます。

しかし矯正治療の初期段階で起こる症状のため、治療によって歯並びが改善されていくと、器具が粘膜に当たらなくなるため症状も起きなくなります。対処法としては、歯科医院でお渡しすることができる矯正用ワックスが効果的です。もしも矯正用ワックスを使用しても症状が改善しなかったり長引く場合は、粘膜に当たらないように矯正器具自体を調整してもらう方法もあります。さらに矯正器具のブラケットの素材が金属ではないものもあるため、治療前に器具の素材を変えることでケアの仕方も変わってくるため、症状を抑えることも可能になります。

また、痛みを和らげる方法としては、口内炎用の軟膏や貼るタイプのパッチを患部に直接つけることで、外部からの刺激を防ぎ、痛みも和らげてくれます。その他にも口内炎に歯科用レーザーを直接当てることも、痛みを抑えて治りを早くするのに効果的です。 口内炎によって、毎日の生活に支障が出てしまうほどの痛みがある場合は、無理に我慢せずに歯科医院に相談することをお勧めいたします。

口内炎を起こりにくくさせるには

歯垢(プラーク)を取り除く

口腔内に歯垢がたまってしまうことで、細菌が発生して虫歯の原因となってしまいます。さらに口内炎の炎症も悪化させてしまう要因となるので、口腔内を清潔にしておくことが重要なのです。特に矯正歯科治療をおこなっているときは、歯磨きがしづらいため矯正器具と歯の間に食べカスや歯垢がたまりやすくなってしまいます。そのため、正しくこまめに歯磨きをおこない、念入りにうがいもすることが大切です。また、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することも効果的です。

口腔内の乾燥を防ぐ

唾液の分泌量が低下してしまうと、口腔内が乾燥してしまい口内炎を誘発させてしまう原因になります。また、緊張や過度のストレスも唾液の分泌を低下させるだけでなく、抵抗力も下げてしまうため、口内炎以外にも様々な病気にもかかりやすくなってしまいます。そのため、なるべくしっかりと睡眠時間を取るようにして疲れを溜めないようにし、適度にストレスも解消をすることが大切です。さらに、こまめに水分をとったり、口液体歯磨きとして使える洗口液を用いるといいでしょう。洗口液は口腔内の乾燥を防ぐだけではなく殺菌作用もあるため効果的です。

食事の栄養バランスに気をつける

矯正器具が口腔内の粘膜を刺激することで起こるカタル性口内炎は、器具を着けているためなかなか防ぎにくいのですが、食事によって口内炎ができにくい体をつくっておくことはできます。ビタミンB2やB6、ビタミンAやビタミンCが不足してしまうと口内炎ができやすくなってしまうため、矯正期間中は特に意識して摂取するようにしましょう。その際、サプリメントで補うことも良いでしょう。

口内炎ができにくい矯正方法

口内炎ができにくい矯正方法は、インビザラインなどのマウスピースによる矯正方法です。一般的なワイヤーを使用したブラケット矯正治療とは違い、歯に直接装着するマウスピース型のため、なめらかで粘膜を刺激しにくいため口内炎ができにくいのです。また痛みも少なく、ご自身で取り外しが自由にできるため、食事や歯磨きも普段と同じようにおこなうことができます。

さらに歯にフィットしていて透明なため、矯正をしていることを他の人に知られにくく、仕事に支障をきたすことが少ない治療方法です。これから矯正歯科治療をおこなおうと考えている方はインビザライン矯正治療をお勧めいたします。 ただし、歯並びの状態によってはインビザライン矯正治療が対応できないケースがあるため、まずは、当院で事前にカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2019/8/18
歯列矯正と不定愁訴の関係
不定愁訴とは、頭痛や体がだるいといった場合に、一般的に病院などで検査をおこなっても、特定の発症原因が分からず病名も特定できないような身体の起こる不調のことをいいますが、歯列矯正との関係はあるのでしょうか。
2019/8/15
インビザラインのメリット2
装着の違和感が少なく会話もしやすいインビザラインは矯正治療において様々な特徴があるのでご紹介いたします。
2019/8/12
インビザラインのメリット1
インビザラインは、マウスピース矯正治療の中で普及率の高い治療方法です。そんなインビザラインですが、矯正治療において様々なメリットがあります。
2019/8/10
矯正器具による口内炎の対処法は?
矯正歯科治療を受けている人の多くの悩みの一つとして、矯正器具が口の粘膜にあたってしまうことが原因として起こる口内炎があります。治療法や予防法などと共にご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング