口内炎とは|大分県別府市の矯正歯科

口内炎の症状・原因・対処

口内炎とは

口内炎とは、頬の内側や舌、歯茎などの口腔内の粘膜に炎症が起こることをいい、症状は小さな白い円形の腫れや、赤く腫れた後に潰瘍を引き起こすものなどがあります。口内炎によって、飲食物がしみたり、歯ブラシが当たると痛んだり、会話しづらくなるなどといった症状を伴うことも多いです。口内炎の多くは2週間くらいで自然に治るため、口内炎ができても放置してしまう方も多いです。しかし場合によっては、口内炎を繰り返すことで口腔癌を発症したり、口内炎ではなく口腔癌だったという可能性もあるのです。そのため、もしも口内炎が2週間以上経っても治らない場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

アフタ性口内炎

口腔内に2~6mm程度の白い円形や楕円形状の腫れができて、周囲が赤く腫れた状態となり、飲食物などがしみて激しい痛みを感じます。同時に1個〜3個できることが多く、通常は1~2週間で自然に治ります。

アフタ性口内炎の原因

アフタ性口内炎の直接的な発症原因は、今のところわかっていませんが、アフタ性口内炎のリスクファクター(発生要因)として、不適合な被せ物や入れ歯のクラスプなどによって、同じ箇所に慢性的な物理的刺激が口内に加えられることや、口腔内を清潔に保っていないことで雑菌が増殖してしまい、粘膜が刺激を受けることでアフタ性口内炎のリスクが高くなります。また、ストレスや疲労などの体調不良や、ビタミンB群・鉄分などが足りないといった栄養不良、さらにドライマウスなどによって、口腔内の潤滑油の役割をしている唾液が不足してしまうことで摩擦が増え、物理刺激が起こってしまうため、口内炎のリスクを高めてしまうこともあります。

アフタ性口内炎の治療法

基本的には、積極的な治療をしなくても1~2週間以内で自然に治癒していきますが、一度に5個以上の口内炎が発生した場合や、6mmを超える大きさの潰瘍ができた場合、2週間経過観察をおこなっても症状の改善が見られない場合は、医療機関を受診しましょう。医療機関では口内炎治療用のステロイド系の軟膏を処方されますが、ビタミン不足などの要因によって発生していることが考えられる場合は、ビタミン剤を処方されることもあります。他にも、口腔内に不適合な被せ物などの物理的刺激によって口内炎が発生している場合は、歯科医院での治療や調整をおこない原因を取り除きましょう。

ベーチェット病の可能性も

アフタ性口内炎は、実はベーチェット病だったという可能性も考えられます。ベーチェット病とは、口腔粘膜の再発性アフタ性口内炎、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つを主な症状とする慢性の全身性炎症性疾患で、それぞれの症状が消失と再発を繰り返すのが特徴のひとつです。1972年に厚生省が難病に指定した疾患ですが、未だに詳しい原因はわかっていません。症状に応じた治療がおこなわれ、アフタ性口内炎にはステロイド外用薬が使用されます。

ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎は、真ん中が白く、その周囲が赤い水ぶくれが舌や歯茎などの一部だけでなく、頬の内側や唇の裏側、喉の奥などと口内全体に多発する口内炎で、基本的には子供が罹患します。 症状は、全身の倦怠感とともに38℃以上の高熱がでることが多いです。また、かなり痛みが強く口内全体に症状がでるため、痛い場所を避けて食べることも難しくなるので、症状が出ている間は飲食に苦労します。食事を摂ることが難しくても、脱水状態にならないよう水分だけはしっかりと補給するようにしましょう。 子供の病気には同じような症状が見られる「手足口病」や「ヘルパンギーナ」があり、病気によって治療法が違うので、ヘルペス性口内炎かどうかを見分ける必要があります。大人もヘルペス性口内炎に罹患することもありますが、多くは口内の水ぶくれだけといった軽症で済みます。

ヘルペス性口内炎の原因

ヘルペス性口内炎は、「HSV-1」(単純ヘルペスウイルス1型)によるウイルス感染症で、日本人の約90%はHSV-1に感染しており、一度でも感染するとウイルスは「三叉神経節」という所に留まり続けるため、疲労やストレスによる抵抗力の低下で繰り返し再発する場合があります。また、ウイルス性口内炎は他の口内炎と違い、唾液から人に感染する危険性があるので、症状が出ている間は食器やタオルなどの共有は避けてください。

ヘルペス性口内炎の治療法

ヘルペス性口内炎の治療には「アクシロビル」などの抗ウイルス薬を服用、または「ゾビラックスクリーム」などを塗布することで改善します。また痛みに関しては、鎮痛薬として「アセトアミノフェン」を使用します。その際、「非ステロイド系の消炎鎮痛剤」や「消炎鎮痛剤」は、感染を拡大する傾向があるので使用しません。抗ウイルス薬は、HSV-1の増殖を抑え症状が落ち着くのを早めますが、今のところHSV-1を体内から根絶する方法はないため、治癒を早める目的で使用されます。

カンジダ性口内炎

カンジダ性口内炎は、唇の裏側や頬の内側などに薄い線状、または点状や、まだら状の白い苔のような膜ができます。痛みや腫れがほとんどなく、輪郭がぼやけています。白い苔のような膜は、こすると剥がれて、膜の下は赤く腫れていることが多いです。

カンジダ性口内炎の原因

カンジダ性口内炎の原因は、カビの一種である真菌の「カンジダ菌」による感染症です。もともとカンジダ菌は常在菌で、抵抗力や免疫力が低下しているときに発生しやすいとされていますが、体力が弱い乳児や高齢者、血液疾患や糖尿病などの全身疾患に罹患している場合も発生しやすくなります。また、口腔内が不衛生であることで、カンジダ菌が増殖してしまう場合があります。もしもカンジダ菌が喉の奥まで広がると、呼吸困難を起こす危険性があるため、すぐに歯科医院や皮膚科、口腔外科などの専門機関で治療を受けるようにしましょう。

カンジダ性口内炎の治療法

カンジダ性口内炎は真菌による感染症なので、抗真菌薬による治療をおこないます。カンジダ菌の感染症に対しては「アゾール系」や「アリルアミン系」の抗真菌薬を使用するのが一般的です。その際に抗生物質は細菌を攻撃する薬であるため、真菌には効かないだけでなく、細菌が減ることで真菌が増えやすくなるため、さらに事態を悪化させてしまうので使用しません。

ニコチン性口内炎

舌に白い斑点が現れたり、上顎の口蓋部分に白っぽいシワができて厚くなり、赤くぼやけた斑点ができるという症状が見られます。痛みを伴うことは少ないのですが、刺激物がしみる場合があります。また、唾液が出る「小唾液腺」が炎症を起こした場合、白い口蓋の中に赤い唾液腺が点在している状態が見られます。

ニコチン性口内炎の原因

原因が喫煙であることは確かですが、原因物質がニコチンであることは明らかになっていません。原因として考えられているのが、煙草の煙が持つ熱が口腔粘膜を刺激することや、熱によって口腔内が乾燥することで、唾液の分泌量が減ってしまいうことが挙げられます。また、飲酒と喫煙を同時におこなうことで、煙草に含まれている発癌性物質がアルコールに溶けだしてしまい、口腔粘膜に悪影響を及ぼすと考えられています。 喫煙者の口腔癌の発生率は、非喫煙者の約7倍ともいわれており、ニコチン性口内炎を予防するためには禁煙するしかありません。

ニコチン性口内炎の治療法

根本的な原因がタバコにあるため、禁煙する必要があります。禁煙することで、数週間~数か月で症状の改善が見られます。禁煙ができない場合は、本数を減らし喫煙後にはすぐうがいをして、口内に残った有害物質を洗い流す習慣をつけましょう。

白板症

舌や頬、歯茎などの粘膜の一部が白くなり、厚く盛り上がってきた場合は白板症の恐れがあります。前癌病変といって、将来「口腔癌」に変わる恐れがある病気です。食べ物がしみたり歯ブラシが当たると痛いといった口内炎に似た症状があるため、間違えることがありますが、口内炎は2週間くらいで治癒するのに対して、白板症の場合は範囲が広がり、びらんや潰瘍、しこりが見られる場合があります。白板症の3~5%が口腔癌になるといわれており、それほど高い確率で癌化するということはありませんが、注意深く経過観察する必要があります。さらに、びらんや潰瘍、しこりを伴う場合は、初期の口腔癌の可能性があるため、組織を取って検査をする必要があります。

白板症の原因

白板症の直接的な原因はハッキリしていませんが、不適合な被せ物などの慢性的な物理刺激や、ビタミンA・Bの不足、喫煙などが白板症のリスクを高めると考えられています。

白板症の治療

口腔癌に病変しないかどうか、定期的に受診して経過観察を続けることが基本的な方針です。リスクファクターに対しては、歯科的治療、ビタミンの投与、禁煙などをおこないます。びらんや潰瘍、しこりがある場合は、将来的に癌化する可能性が高いため、切除する場合があります。

紅板症

舌や歯茎などの口腔粘膜の一部が鮮かな紅色になるため、周囲と色が違うのが分かります。飲食物がしみたり、歯ブラシが当たることで痛みなどを生じます。紅板症の病変が場合、50%が癌化する、もしくはすでに癌になっている可能性が高い病気です。50歳以上の方に多く見られますが、それ以下の年齢でも発症する可能性は十分にあるため注意が必要です。癌化の可能性が非常に高いため、外科手術によって切除します。

まとめ

口内炎といっても様々な種類があり、中には前癌病変の場合もあるため、軽く考えることは危険です。口内炎は2週間くらいで自然に治癒するため、もしも2週間経っても回復の兆候が見られない場合は、口内炎ではない可能性があるため、歯科口腔外科や耳鼻咽喉科、皮膚科などの専門機関を受診するようにしましょう。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング