歯並びは大人になっても年々変わっています|大分県別府市の矯正歯科

歯並びは大人になっても年々変わっています

歯並びは、永久歯が生え揃ってしまった後は、変わらないものだと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、歯並びは大人になっても年々変わっていくため、大人になってから歯並びが悪くなってしまうこともあるのです。それではどうして大人になってから不正咬合になってしまうのでしょうか。原因や悪くなった場合の対処法をご説明いたします。

大人になってから不正咬合なる原因

親知らずによる不正咬合

永久歯にすべて生え変わる際に、一番遅く生えてくるのが親知らずです。親知らずは真っ直ぐに生えずに傾いたり横に生えたりするため、その場合多くの方が親知らずの抜歯を経験しているかと思います。親知らずを抜かないまま放置することで、奥歯から前の歯に強い負荷がかかってしまう場合もあります。それが原因で歯並びが乱れてしまう場合もあるため、親知らずが生えてきて気になる場合は、早めに歯科医院に受診して頂くことをお勧めいたします。

歯周病による不正咬合

歯周病になってしまい症状が悪化してしまうと、歯茎の中に埋まっている歯槽骨にまで歯周病が進行してしまう場合があります。それによって次第に歯がグラグラしてきて、結果的に歯が脱落してしまう危険性もあるのです。このように歯周病が原因で噛み合わせにズレが生じてしまうことで、不正咬合になってしまうこともあるのです。グラグラしている歯がある場合は歯周病の恐れがあり、歯周病になると歯が歯茎に埋もれるように浅く沈むので、気付かないうちに歯並びが影響を受けている可能性もあります。歯周病は初期の段階は自覚症状がほとんどないため、気付いた時には進行している場合が多いので、予防のためにも定期的な歯科医院でのクリーニングなどを受けるようにしましょう。

治療を途中で中断することによる不正咬合

虫歯治療や歯列矯正治療などを、途中で中断している方もいらっしゃいます。治療中は歯を削ったり、矯正の場合は歯を動かしていくため、一時的に噛み合わせが悪い状態になってしまう場合があります。虫歯の治療の場合、削ったまま噛み合わせの調整をしていない状態が続いてしまうと、悪い噛みわせで生活してしまうため放置し続けるため歯並びが悪化していく危険性もあるのです。

咀嚼による不正咬合

咀嚼は歯並びに大きく影響します。咀嚼の際、奥歯から前の方に押されていくため、歯は徐々に前へと少し突出するように押し出されていきます。それに加齢に伴うことで、歯並びが変化してしまう原因になってしまう場合があるのです。また、偏った側の歯ばかりで噛む癖があるなどの、咀嚼する歯の左右のバランスが偏ると、噛む方の顎ばかりが発達してしまいます。そのため噛み合わせが悪くなってしまい不正咬合になってしまったり、顎の筋肉のバランスが悪くなるため顔が歪んでしまうこともあります。

歯ぎしりや食いしばりによる不正咬合

就寝中に歯ぎしりや食いしばりをしていたり、普段から無意識に歯ぎしりや食いしばりをする癖がある方も不正咬合になってしまう場合があります。歯ぎしりや食いしばりは、歯にとても強い力がかかってしまうため、歯や歯茎に負荷がかかってしまいます。そのため歯が擦り減ったり、欠けたり折れたりしてしまうことで噛み合わせが悪くなり、不正咬合になってしまうのです。

不正咬合を防ぐために

歯列矯正治療で歯並びを整える

歯列矯正治療をして歯並びを整えることで、年々悪くなる歯並びを防ぐことができる場合があります。歯列矯正を以前したことがある方も、歯並びは年々変わるため悪くなっている可能性があります。不正咬合による症状の悪化を防ぐためにも、早い段階で治療することが大切なのです。矯正治療は大きく分けてブラケット矯正治療と、取り外し可能なマウスピース矯正治療があり、症状によって治療方法が異なる場合があります。矯正治療をお考えの方は、一度当院でのカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

生活習慣の見直しを

普段の食生活で柔らかいものばかり食べている方は、しっかりと咀嚼するお肉や食物繊維を多く含んだ野菜などを食べるようにしましょう。顎をしっかりと鍛えるためにも咀嚼することは大切です。また、睡眠もしっかりと取るようにしましょう。歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合は、ナイトガードを装着することで歯や歯茎にかかる負担を最小限に抑えてくれます。もしも歯ぎしりの原因がストレスである場合は、ストレスの原因を解消することも大切です。普段の生活を振り返ってみて、ストレスの要因として思い当たることがあり、物理的に解消できる場合は積極的におこない、ストレスを解消しましょう。定期的にリフレッシュすることで、心の健康にも繋がります。

Doctor’s コラム

2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。
2020/5/22
矯正治療の抜歯と非抜歯
なぜ矯正治療において抜歯をおこなうのでしょうか。また、抜歯が必要な場合でも抜歯をせずに治療をおこなうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
2020/5/18
コルチコトミーとは
コルチコトミーは、歯を支えている歯槽骨の中で最も硬い部分である「皮質骨」の一部を切除して、歯が動く範囲を拡大したり、歯が動く際の抵抗を軽減することができます。
2020/5/11
インプラント矯正とは?
インプラント矯正は、短い期間で矯正できる「スピード矯正」の一つとして、近年注目が高まっている矯正治療方法です。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング