歯列矯正とタバコの関係|大分県別府市の矯正歯科

歯列矯正とタバコの関係

歯列矯正をおこなう際に、タバコを吸っている方で歯列矯正治療中は禁煙しなくてはいけないのか、ということを気にしている方も多くいらっしゃいます。歯列矯正治療は、基本的に矯正器具を使用して治療するため、特別タバコを吸うこと自体は問題がないように思ってしまうかもしれません。しかし、歯科医院では基本的に禁煙を勧めることが多いのです。それではなぜ、歯列矯正治療中は禁煙をした方がいいのでしょうか。矯正治療をおこなう上で矯正内容と喫煙のリスクをご説明致します。

 

歯列矯正中に喫煙することのリスク

虫歯や歯周病になりやすくなる

喫煙をすることで口腔内が乾きがちになってしまいます。口腔内が乾燥することで唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液には殺菌作用や浄化作用があるのですが、唾液の分泌量が少なくなってしまうため、口腔内の雑菌や細菌が繁殖しやすくなるのです。 雑菌や細菌が繁殖しやすくなることで、虫歯菌や歯周病菌も繁殖してしまうので、虫歯や歯周病になってしまうリスクも高くなるのです。 さらにタバコに含まれるタールによって、歯に「ヤニ」と呼ばれる黄色い汚れがついてしまいます。ヤニは粘着力が非常に強く、口腔内に雑菌や細菌を繁殖させやすくなり、それらは歯垢へと変化してしまうため、虫歯になるリスクを高めてしまいます。ヤニは一度歯についてしまうと、通常の歯磨きだけでは取り除くことが難しくなるため、歯科医院でのクリーニングが必要となるのですが、矯正装置を付けている歯のクリーニングの作業はとても困難になってしまいます。また歯列矯正治療中は、装置と歯の間に食べ物が詰まりやすくなったり、歯磨きもしづらくなるため口腔内が不潔になりがちです。口腔内をなるべく清潔に保つためにも、喫煙をやめることは大切なのです。

歯だけではなく矯正装置に着色汚れがついてしまう

タバコに含まれるタールによって歯についたヤニは、歯の着色汚れだけではなく、矯正装置にも同じく着色汚れがついてしまうため、見た目が黄色くなってしまいます。そのため、矯正治療中に見た目を気にしながらの生活を送らなければいけないだけではなく、矯正治療が終わり装置を取り外した際に歯が露出していた部分は黄色くなり、装置のついていた歯の部分は白いといった歯の色がまだらな状態になってしまうことがあります。また、矯正治療でお手入れが行き届かない部分だけが黄色になってしまうという場合もあるのです。せっかく長い矯正治療が終わり、整った歯並びになったのに歯の色がまだらだと、新たに別の問題が起こってしまうのです。

矯正治療の際に歯が動きにくくなる

矯正治療中にタバコを吸っていると、歯の動きが遅くなってしまう場合があります。歯は歯茎の中の骨により支えられており、その骨の吸収と形成がおこなわれる「骨代謝」によって歯は動くのです。この骨代謝は、骨を吸収する「破骨細胞」によって骨吸収が起こり、新しい骨を作る「骨芽細胞」によって「骨造成」が起こることでおこなわれているのですが、タバコを吸っていると、タバコに含まれるニコチンやタールによって、破骨細胞や骨芽細胞が減少してしまうため、骨吸収や骨形成が阻害されてしまい、歯の動きが悪くなるのです。歯の動きが遅くなってしまうと、治療計画通りに歯が動かないため、治療期間が予定よりも長くかかってしまいます。さらにタバコに含まれるニコチンは一種の神経毒で、歯茎の毛細血管を収縮させてしまうため、血流が悪くなり血液中の酸素や栄養が行き届かず不足している状態になってしまいます。また、歯列矯正をおこなうために抜歯が必要になる場合もあるため、その際は傷が治りにくくなってしまうこともあります。

矯正治療中は副流煙にも注意しましょう

もしもご自身はタバコを吸っていなくても、ご家族の方やパートナーさんがタバコを吸っていることで、知らないうちに受動喫煙で副流煙を吸い込んでしまっています。その場合、喫煙者でなくても副流煙によって歯にヤニがつくことがあるのです。さらに副流煙を吸っているので、場合によっては歯茎にも悪影響を及ぼす危険性もあります。 歯列矯正をおこなう際には副流煙にも注意が必要なため、ご家族の方がタバコを吸っている場合は、家の中では吸わないように協力してもらったり、空気清浄機などを使用してなるべく副流煙から身体を守るようにしましょう。

健康のためにも禁煙しましょう

タバコには、ニコチンとタール以外にも約200種類もの有害物質が含まれています。ニコチンは血管を収縮するため、血流が悪くなり血液中の酸素や栄養が行き届かなくなるだけでなく、ニコチン依存症となってしまう危険性もあります。また、タールには発癌性物質が含まれているのです。体にとって悪影響なタバコ。歯列矯正のために禁煙するのでなく、健康のためにも矯正治療を良い機会として、完全に禁煙することをお勧めいたします

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング