矯正治療の抜歯と非抜歯|大分県別府市の矯正歯科

矯正治療の抜歯と非抜歯

不正咬合(悪い歯並び)や悪い噛み合わせは、矯正治療をおこなうことによってキレイな歯並びや噛み合わせに整えることができます。そんな矯正治療ですが、場合によっては抜歯をおこない歯並びを整えることもあるため、患者さんによっては健康な歯を抜くことに抵抗がある方もいらっしゃいます。なぜ矯正治療において抜歯をおこなうのでしょうか。また、抜歯が必要な場合でも抜歯をせずに治療をおこなうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。ご説明いたします。

矯正治療で抜歯をおこなう理由

不正咬合の原因の多くは、歯を並べるためのスペースがないことです。日本人はもともと顎が小さいため、全体的に歯が大きい場合や、歯に対して顎の骨が小さい場合などは、歯がキレイに生え揃うためのスペースがなくなってしまい、歯が重なって生えてしまったり、傾いて生えてしまうのです。そのため、抜歯をして歯を並べるためのスペースを作る必要があるのです。

抜歯によりスペースを作ることで、無理なく歯を動かして並べることができ、歯と顎の骨のバランスが保たれるので、歯の噛み合わせもキレイに調整することができます。さらに、抜歯をせずに矯正治療をおこなった場合よりも、治療後に歯がもとの位置に戻ろうとする「後戻り」が起こりにくいです。

非抜歯によるリスク

歯茎が下がってくる

歯が並ぶスペースがないところに無理に歯を並べようとすると、本来並ぶべき顎の骨の位置から歯がずれて並んでしまいます。さらに、歯に大きな負担がかかってしまうので、歯茎が徐々に下がってしまう可能性があります。

奥歯が前方に倒れてしまう

矯正治療によって歯列全体を大きく後方に移動することができれば、前歯にスペースを作ることができるので、抜歯しないで治療をおこなうことも可能です。しかしこの場合、動きにくい奥歯を固定源にして強い力で歯列全体を引っ張るため、奥歯が逆に引っ張られてしまい、前方に倒れてしまうリスクがあります。

後戻りのリスクが高くなる

歯が移動するスペースがない状態で無理に歯を移動させると、矯正治療後の後戻りのリスクが高くなってしまいます。

口元が盛り上がってしまう

前歯が大きく重なった叢生や重度の出っ歯などを、抜歯をせずに無理に歯列に並べようとすると、口元全体が前に出てきてしまう可能性があります。

非抜歯で矯正ができる場合もある?

ストリッピング(IPR)

歯と歯が接している部分を少しだけ削ることで、抜歯をせずに歯を移動するスペースを作る方法です。ただし、自然に再形成されるエナメル質を削る程度ですので、軽度な不正咬合の場合にしか対応できず、大きなスペースを必要とする場合はおこなうことができません。

セルフライゲーションブラケット(デーモンシステムなど)

近年、短期間で歯を無理なく大きく動かせる矯正治療システムとして注目を集めているのがセルフライゲーションブラケットです。ワイヤーを開閉式のシャッタータイプのブラケットで挟み込む「自己結紮」により、ブラケット内をワイヤーが自由に動く仕組みによって、歯列の大きな移動が可能です。また、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を従来の約1/600まで抑えられることで、従来の矯正治療よりも力を抑えながら歯列を大きく移動することができるため、非抜歯での治療も可能になる場合が多いです。

インプラント矯正

一般的なブラケット矯正の場合、奥歯などの動きにくい歯を固定源にして、ワイヤーで引っ張ることで徐々に歯を動かしていくのですが、抜歯をせずに大きく歯を移動させる場合は、強い力で引っ張らなければいけません。しかし、逆に奥歯が引っ張られてしまい、前に倒れてしまうことがあるのです。この場合、矯正用アンカースクリューという5mm〜10mm程度の長さのチタン製のネジ(インプラント)を、顎の骨に埋入して固定源にすることで、大きな力で歯列全体を移動させることができます。この矯正法をインプラント矯正といいます。インプラント矯正によって、非抜歯で歯の移動スペースを作ることができるケースが多くなり、さらに治療期間の短縮にも繋がります。

コルチコトミー

歯が動く原理は、矯正装置によって歯に力を加えることで、歯を支えている歯槽骨が骨代謝を繰り返すことで、力のかかる方向に少しずつ動いていくというものです。その際、歯槽骨に外科処置を施すことで、一般的なブラケット矯正の矯正効果を高める方法もあります。

コルチコトミー(歯槽骨皮質骨切除術)は外科処置の一つで、歯槽骨の中でも最も硬い部分である「皮質骨」を切除することで、歯を移動しやすくする方法です。非抜歯でも歯を大きく動かすことができるので、治療期間が短く、さらに切除された歯槽骨は自然に再生される際に、新たに作られた骨は以前よりも強く形成されるという性質があるため、後戻りが少なく、保定装置の使用期間も短縮することが可能です。

コルチコトミーについて詳しくはこちら

Doctor’s コラム

2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。
2020/5/22
矯正治療の抜歯と非抜歯
なぜ矯正治療において抜歯をおこなうのでしょうか。また、抜歯が必要な場合でも抜歯をせずに治療をおこなうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
2020/5/18
コルチコトミーとは
コルチコトミーは、歯を支えている歯槽骨の中で最も硬い部分である「皮質骨」の一部を切除して、歯が動く範囲を拡大したり、歯が動く際の抵抗を軽減することができます。
2020/5/11
インプラント矯正とは?
インプラント矯正は、短い期間で矯正できる「スピード矯正」の一つとして、近年注目が高まっている矯正治療方法です。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング