歯が動く仕組みとは|大分県別府市の矯正歯科

歯が動く仕組みとは

矯正歯科治療は、デコボコした歯並びや悪い噛み合わせなどの不正咬合の歯に、矯正装置を装着することで徐々に歯を動かして、キレイな歯並びに治す治療法です。

歯を動かすための矯正治療方法は、一般的にブラケットという器具を歯に装着して、ワイヤーをブラケットに通して歯を引っ張ることで、少しづつ調整を加えながら歯を理想の位置に動かしていくブラケット矯正と、透明なマウスピースを歯に装着し、歯が動く過程をコンピューターによる3Dシミレーション(クリンチェック)で、事前に製作したマウスピースを1〜2週間ごとに取り替えながら歯を動かしていくマウスピース矯正があります。これらの矯正治療ですが、どのような仕組みで歯が動いていくのでしょうか。歯の動く仕組みをご説明いたします。

歯が動く仕組み

歯茎の中には歯を支えるための歯槽骨という骨があり、歯槽骨と歯根の間には衝撃などを吸収するクッションのような役割をする歯根膜という軟組織が覆っています。ワイヤーなどの矯正装置によって歯に力が加わることにより、歯が動く方向側の歯根膜は縮むため、反対側の歯根膜は引っ張られて伸びます。さらに骨は、一定以上の圧力がかかってしまうと骨吸収を起こす性質があるため、骨を溶かして圧力を一定に保とうとします。また引っ張られて伸びた方は、元の厚さに戻ろうとして縮むため、歯槽骨の表面に骨芽細胞が生じて骨形成をはじめます。

こうして、少しずつ骨吸収と骨形成をくり返す骨代謝がおこなわれることによって、歯根膜の幅は一定に保たれた状態で、ゆっくりと歯が必要な位置まで動いていくのです。しかし、力を強くかければいいということではありません。強い力をかけても歯は動きません。逆に、無理に強い力をかけてしまうことで、歯槽骨や歯根膜を痛めてしまいます。弱い力をゆっくりとかけ続けることが効率よく歯を動かすことに繋がるのです。また歯が動くスピードは、一般的に1ヶ月に0.5mm~1mm程度といわれています。ですので、どうしても矯正治療は時間がかかってしまうのです。

矯正治療における歯の動かし方の種類

水平移動(歯体移動)

部分矯正で最も良くある動きで、歯を水平方向に移動させることによって歯と歯の隙間をなくします

圧下

歯を歯茎に押し込んで歯を動かします。圧下による歯の移動は難しい移動とされており、臼歯の圧下は特に難しい移動といわれています。

挺出

歯を歯茎から引っ張り出して歯を動かします。

捻転

歯がねじれて生えている場合、歯の向きを正しい向きになるよう回転させで動かします。ねじれた前歯などに効果的です。

傾斜移動

歯根の位置はあまり変えずに、歯冠の部分を傾けることにより歯を動かします。抜歯した部分に歯を動かす場合などに効果的です。

矯正治療では動かない歯

歯は歯槽骨の中で移動することができます。しかし顎の骨が通常よりも小さい場合や、重度のオーバージェット、抜歯をしていたり、先天的に歯が生えてこないことによる歯の隙間によって、歯を動かす限界値を超えてしまう場合は、矯正治療だけではキレイな歯並びにすることが難しいといわれています。その際は、抜歯をする必要があったり、顎を拡大する治療がおこなったり、顎の骨を切るといった外科的治療が必要になる場合があります。

矯正治療をおこなったほうがいいのでしょうか

不正咬合は、口腔内だけではなく、知らず知らずに身体に起こる様々なトラブルの原因となっています。そのため、なるべく早い段階での矯正治療をおこなうことが望ましいのです。矯正治療は、子供の頃におこなっておくことで、大人になってからの不正咬合を予防することができるだけではなく、歯に対しての意識を高くすることで虫歯や歯周病予防などにも効果が期待できます。また、大人になってからの矯正治療の際に抜歯や手術が必要になる治療も未然に防ぐことができます。 さらに、口元にコンプレックスを持っている方にとっても、矯正治療によってキレイな歯並びになることでコンプレックスも改善されるため、心の健康にも繋がります。治療期間が費用をかけてでも、心身共に今後の快適な生活を送ることを考えても、矯正治療は大切だということができるのです。

当院では治療前の無料カウンセリングをおこなっております。その際、矯正に関する患者さんのお悩みや治療のご希望に対して、分かりやすくご説明をいたします。カウンセリング後にすぐに治療の決定をしていただく必要はありませんので、まずは一度、当院でのカウンセリングをお受けいただくことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2019/8/18
歯列矯正と不定愁訴の関係
不定愁訴とは、頭痛や体がだるいといった場合に、一般的に病院などで検査をおこなっても、特定の発症原因が分からず病名も特定できないような身体の起こる不調のことをいいますが、歯列矯正との関係はあるのでしょうか。
2019/8/15
インビザラインのメリット2
装着の違和感が少なく会話もしやすいインビザラインは矯正治療において様々な特徴があるのでご紹介いたします。
2019/8/12
インビザラインのメリット1
インビザラインは、マウスピース矯正治療の中で普及率の高い治療方法です。そんなインビザラインですが、矯正治療において様々なメリットがあります。
2019/8/10
矯正器具による口内炎の対処法は?
矯正歯科治療を受けている人の多くの悩みの一つとして、矯正器具が口の粘膜にあたってしまうことが原因として起こる口内炎があります。治療法や予防法などと共にご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング