虫歯が痛くなくなった場合は要注意|大分県別府市の矯正歯科

虫歯が痛くなくなった場合は要注意です

虫歯ができてしまい、痛みがあったのにもかかわらず放置してしまうことで、一時的に痛みが治まることがあります。そのため、虫歯が治ったと思う方もいらっしゃいますが、基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて、自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので、注意が必要です。

痛くなくなった虫歯の原因

初期の虫歯は、歯の表面のエナメル質が溶かされただけなので、痛みを感じることはありません。そのため、ご自身では気付くことができずに放置してしまうことが多く、虫歯はさらに進行してしまいます。虫歯がエナメル質の内側の象牙質にまで進行すると、痛みを感じるようになり、さらに神経にまで虫歯が進行するとズキズキと激しい痛みを伴います。この時点で、多くの方が歯科医院で治療を受けますが、この時に痛み止めなどで一時的に痛みを抑えてしまうと、虫歯によって神経が死んでしまう場合があります。神経が死んでしまうと痛みを感じなくなるため、一時的に痛んでいた歯が痛くなくなるのです。

痛くなくなった虫歯を放置することで引き起こす「根尖性歯周炎」とは

歯の神経が死んでしまい痛みがなくなっている間も、虫歯菌は増殖を続けて組織を侵食しています。歯髄にまで広がった虫歯を治療せずに放置すると、歯根の先端部分である根尖や歯槽骨、歯茎といった周辺組織にまで広がり、炎症を起こしてしまいます。これを「根尖性歯周炎」といいます。根尖性歯周炎が慢性化し、常に炎症を起こしている状態が続くと、患部に「歯根肉芽腫」と呼ばれる腫瘤ができ、根尖性歯周炎と歯根肉芽腫がさらに進行することで、歯根に嚢胞ができてしまう「歯根嚢胞」となります。これは、体が根尖性歯周炎による炎症をこれ以上進行させないように防御反応を起こすことによって、体の表面や体内の器官を覆う細胞の層である「上皮」が、膿を取り囲んでしまうと考えられています。膿は出口がないので、袋状にどんどん溜まり周囲の骨や組織を圧迫します。骨には神経があるため、圧迫されることで激痛を伴い、悪化すると顎が大きく腫れてしまいます。

虫歯を放置することで起こる全身疾患

通常、虫歯菌が血管内に侵入しても、血液中には免疫機能の持つ白血球の働きにより、虫歯菌やその他の細菌が全身に広がることはありません。しかし、白血病などの血液疾患や、糖尿病などの全身疾患、疲労の蓄積などによって免疫力が低下していると、白血球による防御機能が十分に発揮されないため、虫歯菌などの細菌が血管に侵入し全身に運ばれる「菌血症」へと移行してしまいます。これによって、アレルギー性の腎炎や関節炎、皮膚炎を発症・悪化させることがあります。さらに、稀に心臓が細菌感染してしまうことで、菌血症や血管塞栓などを起こす全身性敗血症性疾患である「感染性心内膜炎」を引き起こしてしまうことがあり、この場合は生命に関わる危険性があります。

定期的に歯科医院での健診を受けましょう

虫歯を悪化させないためには、初期の段階での治療が非常に重要です。しかし、初期の虫歯は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気付くことが難しいことから、定期的に歯科医院で健診を受けることが大切なのです。定期的に歯科医院で口腔内をチェックすることで、初期の虫歯や歯周病も発見することができるため、早期発見・早期治療に繋がります。また、ご自身の歯磨きなどのセルフケアだけでは、口腔内の全ての汚れを取り除くことはできません。その場合、歯科医院での歯のクリーニングも定期的におこなうことで、ご自身では取り除くことができない歯石や、細菌の集合体であるバイオフォルムもキレイに除去することができるのです。口腔内を清潔に保つことで、虫歯や歯周病を予防することもできるため、歯科医院での健診と歯のクリーニングは定期的に受けるようにしましょう。

食生活を見直しましょう

虫歯を予防するためには、毎日の食生活を見直すことが大切です。間食やおやつなどで、甘いものを食べることが習慣となっている方も少なくありません。しかし、甘いものに含まれる「糖」は細菌の栄養分となるため、このような習慣は口腔内の細菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。ですので、甘いものは控えめにしたり、代替甘味料を使ったものを食べるようにして、食後は必ず歯を磨いて口腔内を清潔な環境に保ちましょう。また、よく噛んで食べることは唾液の分泌を促すので、唾液の自浄作用や殺菌作用が効果的に働くだけでなく、満腹中枢が刺激されることで食べ過ぎの防止にも繋がります。口腔内や全身の健康のためにも、食生活の見直しは重要です。

Doctor’s コラム

2022/10/18
歯列矯正治療は何歳まで可能か?
歯列矯正治療は、健康な歯と歯茎であれば何歳からでも始めることができるので、年齢制限はないとされています。ただし、
2022/7/14
最新のiTero5-Dを導入しました
上当院では患者さんにより安全・安心した治療を受けて頂くため、iTreo elementの新型である「iTero5-D」を導入いたしました。
2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング