舌癖と舌癖のトレーニング|大分県別府市の矯正歯科

虫歯になりにくい食べ物とは?

美味しい食べ物は、私たちの心を豊かにしてくれます。しかし普段の食生活で好きなものや偏ったものばかりを食べてしまうと、虫歯や歯周病、さらには体の健康を損なってしまうこともあります。中でも虫歯は食べ物による影響が大きいため、虫歯を予防するために効果的な食べ物を意識して食べることが大切です。では、どのような食べ物が虫歯になりにくいのでしょうか。ご説明いたします。

虫歯になりにくい食べ物

虫歯にならないようにするためには、歯を強く丈夫にすることが大切です。そのため、骨や歯を強くするカルシウムや、歯の表面を覆っているエナメル質を強化するビタミンA、象牙質をつくるビタミンCなどの栄養価を含む食べ物を、食事に取り入れるといいでしょう。

カルシウムを多く含む食べ物

乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)
魚介類(イワシ・カツオ・煮干しなど)
海藻類(昆布・わかめ・ひじきなど)
ビタミンDはカルシウムの吸収を高めることができるため、ビタミンDを豊富に含んでいるキノコ類(椎茸や舞茸など)を摂るのも良い方法です。

ビタミンAを多く含む食べ物

鶏・豚・牛レバー、人参やほうれん草などの緑黄色野菜など

ビタミンCを多く含む食べ物

パセリ・ピーマン・レモンなど

食物繊維の多い食べ物

食物繊維の多い食べ物は、噛むことにより歯の表面を清掃してくれる効果があり、顎の発達や唾液の分泌量を増やす効果もあります。
ごぼう・レタス・セロリ・人参など

唾液の量を増やす食べ物

唾液には自浄作用や殺菌作用があるため、口腔内の食べカスや汚れを洗い流したり、細菌の繁殖を防ぐなどの効果があります。そのため唾液量を増やすことで、虫歯を予防することに繋がります。
梅干し・酢の物・レモン・海藻類など

アルカリ性の食べ物

食べ物には酸性のものが多く、食事後には口腔内が酸性になりがちです。酸性になると酸によって歯が溶かされてしまうため、虫歯ができやすくなります。しかし、アルカリ性の食べ物を摂取することで、口腔内が中和されるため、中性の状態にすることができるのです。
梅干し・チーズ・納豆など

歯に良い飲み物

牛乳はカルシウムを多く含むため、歯にとても良い飲み物です。また、緑茶などの日本茶には、カテキンやポリフェノールが含まれているため、フッ素等の働きにより抗菌作用があるので、虫歯予防に効果的です。ウーロン茶にも発酵を途中で止めるというウーロン茶特有の苦味成分が、歯垢の発生を抑えてくれるため、良い飲み物です。

虫歯になりにくい食事の取り方

間食に気をつけましょう

小腹が空いた時に、間食をすることも多いと思います。その際になるべく虫歯になりにくい食べ物を食べるようにしましょう。プリンやプレーンヨーグルトなどの歯にくっつかないものや、するめやフルーツなどのしっかり噛んで食べられるもの、ナッツ類やチーズなども食べても酸を作ることがないため良いでしょう。さらに間食の食べる時間を決めて、だらだら食べないようにすることも大切です。そして、食べ終わった後は必ず歯磨きや、うがいをしましょう。

寝る30分前は飲食を控えましょう

寝ている間は、唾液の分泌量が減ってしまうため、口腔内が乾きやすく虫歯のリスクが高くなります。そのため磨き残しがあれば、虫歯菌の餌となってしまいます。ですので、遅くても寝る30分前には飲食を控えるようにしましょう。

キシリトールと虫歯予防

最近よく見かけるキシリトール配合のガムなどの食べ物は、虫歯予防に効果的です。キシリトールの効果には歯垢の中のミュータンス菌を減少させて、虫歯の原因となる酸を作らせない働きがあります。さらに、甘さによって唾液をより多く分泌させることで、唾液の働きにより虫歯になりにくい口内環境をつくる効果があるのです。また、キシリトールのガムやタブレットを一定期間以上口の中に入れることで、虫歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促す効果もあるため、歯を強く、丈夫にする働きがあるのです。キシリトールは糖アルコールの一種で、白樺やトウモロコシの芯などから工業的に作られています。自然界でもイチゴやイエロープラム、カリフラワーやナスなどの果物や野菜にも含まれています。天然素材甘味料のため、人体にも安全な食べ物です。 虫歯を予防するためには、キシリトール配合のガムやタブレットを毎食後すぐ摂ることが効果的といわれています。

まとめ

虫歯になりにくい食べ物を食べるだけでは、虫歯は予防することはできません。いくら虫歯になりにくい食べ物を食べたとしても、食後に歯磨きやうがいなどで食べカスや汚れを取り除かないと、逆に虫歯の原因になってしまいます。また、ご自身でのセルフケアだけでは汚れをきれいに取り除くことは難しいため、食後の歯磨きなどのセルフケアをおこないながら、定期的に歯科医院での歯のクリーニングをおこなうことが虫歯予防のためにも大切なのです。

Doctor’s コラム

2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。
2020/6/19
歯を失う原因
歯を失ってしまうことは、口腔内だけでなく身体全身にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。虫歯や歯周病を予防することは、歯を守ることにも繋がるため、予防歯科」の徹底が重要です。
2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング