舌癖と舌癖のトレーニング|大分県別府市の矯正歯科

舌癖と舌癖のトレーニング

舌癖とは

日常生活において、夢中になって本を読んだり、テレビを観ている際に、無意識に口を開けたまま上下の前歯を舌で前に押していたり、前歯の間に舌を出していたり、食べ物を飲み込む際に、舌を突き出して歯を押しだすようにして飲み込むような癖のことを舌癖といいます。 普段私たちは、無意識に1日600~2000回ほどの嚥下(飲みこむ動作)をおこなっています。舌癖のある方は、常に舌が下顎の方に落ちていたり、上下の歯の間にあり、歯を押し出しています。さらに飲みこむ際には、より強い力で歯を押し出しているのです。 また、常に口が開いているため、外側から押さえる唇や頬の筋肉が衰えてしまっており、力がありません。舌癖は幼い頃からずっと続いていることが多く、歯並びにも悪影響を及ぼしてしまいます。

舌癖と歯並びの関係

舌癖は、無意識に舌が上下の前歯を常に前に押し出していたり、上下の歯の間に舌を突き出している癖ですが、舌癖が原因で歯並びも悪くなってしまうのです。舌癖がある場合、上の前歯が前方に大きく傾いてしまう、上顎前突(出っ歯)になったり、下の歯を押し出すことで下顎が前に出てしまう、下顎前突(受け口)になったり、奥歯を噛み合わせたときに、上下の前歯の間に隙間ができてしまう、開咬になってしまうのです。開咬の場合、前歯で物が噛めないため、奥歯ばかりで噛むようになってしまい、奥歯の寿命を短くすることもあります。また、会話の際にも上下の歯の隙間に舌が入るため、サ行、タ行、ナ行、ラ行などの発音が不明瞭になることもあります。 さらに、歯並びが悪くなることで噛み合わせも悪くなってしまいます。噛み合わせが悪くなることで、しっかりと食べ物を噛むことができなくなるため、消化器官に負担がかかってしまいます。また歯並びが悪いと、歯磨きの際に歯ブラシが届きにくい場所が出てきます。それによって磨き残しが多くなってしまうため、虫歯や歯周病のリスクも高くなってしまいます。

舌癖の原因

舌癖の主な原因として、幼い頃からの指しゃぶりの癖や、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、慢性鼻炎、扁桃肥大、アデノイドなどの鼻や喉の病気のため、口呼吸になってしまう場合や、舌の裏のひもの部分「舌小帯」が短いといったことが考えられます。舌小帯が短いと、舌を上に持ち上げることができないため、舌を前方に出す癖がついてしまいます。その際は小手術が必要になります。

舌癖を解消するためのトレーニング法

舌癖を解消するためには、口腔筋機能療法であるMFT(Myofunctional Therapy)という、トレーニングが効果的です。MFTは、舌の位置や唇を正しい位置に戻し、バランスを整えるトレーニングです。舌の筋肉の力を強くしたり、唇や頬などの口の周りの筋肉の力をつけることで、口の中での正しい舌の位置を覚え、舌を使った正しい物の飲み込み方を覚えることを目的としています。また、舌の位置や飲み込み方を習慣づけていくことが、舌癖を解消するために重要なのです。子供のうちにおこなうことで、改善は早くなりますが、大人になるまで放っておくと、改善までに時間がかかってしまいます。

MFTでは、正しい嚥下の方法を習得するために、歯科医や歯科衛生士が正しい舌の位置の指導をします。その際、歯科医院だけではなく、自宅でもしっかりとご自身でのトレーニングを続けることが必要です。舌を突き出す癖のある場合は、舌自体の筋肉が引き締まっておらず、緩んでいることが多いため、舌を正しい位置で嚥下したり、発音するのに必要な筋肉を鍛えます。 さらに幼児の乳歯の時期の場合、ムーシールドという取り外し可能な装置などを用いて舌の位置を改善する治療もあります。その場合、座って歯科治療ができるようになる2〜3才くらいから治療をおこなうことができます。舌癖の改善は早めの方が効果的なので、保護者の方が気付いた時になるべく早めに歯科医院に相談するようにしましょう。 MFTは月に1~2回のペースでおこない、月2回のペースで6~8ヶ月程度で訓練が終わります。その後もメンテナンスが必要で、3~6カ月毎にみていきます。MFTはご自身での努力が重要で、改善を大きく左右します。舌癖が原因で歯並びが悪くなっている方は、舌癖が改善することで歯並びも改善する場合があります。しかし、トレーニングをおこなってもなかなか改善が見られない場合は、矯正装置を使用しての治療が必要な場合もあります。

矯正治療には大きく分けて、ブラケットという装置を歯の表側もしくは裏側に装着し、ワイヤーを通して歯を引っ張るブラケット矯正治療と、透明のマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせた新しいマウスピースと交換していくことで、徐々に歯を整えていくマウスピース矯正治療があります。 矯正治療によって舌癖も改善できる場合もあるため、舌癖でお悩みの方は、一度当院のカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2019/12/10
歯根膜とは
歯根膜とは、歯根と歯槽骨の間にある薄い膜のことをいい、歯周靭帯ともよばれます。噛む力をコントロールする際に、重要な働きをしているのが歯根膜なのです。
2019/12/8
起きてる時の歯ぎしり(覚醒時ブラキシズム)
一般的に歯ぎしりは、就寝時に無意識におこなっていると思われがちですが、実は起きている時にも歯ぎしりはおこなわれているのです。起きている時の歯ぎしりを覚醒時ブラキシズムといいます。
2019/12/3
口臭の予防
口臭は口腔内にあることが多いため、ご自身に何らかの病的疾患がない場合は、歯科医院で口腔内の検査をおこない、原因を確かめることが重要です。
2019/11/30
口臭の原因
口の中にもにおいがありますが、それが病気や様々な要因で他人に不快な思いをさせてしまうようなにおいを発することがあります。 口臭のほとんどの原因が口腔から引き起こされるものだといわれています。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング