親知らずは抜く?|大分県別府市の矯正歯科

親知らずは抜くべき?

親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯で「智歯」や「第三大臼歯」とも呼ばれます。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。また、親知らずは上下左右に1本ずつ生えますが、稀に親知らずが無い方や、生えていても骨の中で形成されていて外からは全く見えない状態になっている方もいます。

親知らずの生え方

まっすぐ完全に生えている

他の歯と同じようにまっすぐ生えて口腔内に完全に露出しており、歯として機能している親知らずです。この場合はトラブルが起きにくいですが、少ないケースだといえます。

一部が歯茎から露出していたり、斜めに傾いて生えている

親知らずが斜めに傾いて生えることで、一部分だけが口腔内に露出している親知らずです。隣の歯との隙間に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、歯磨きもしづらいため、一番トラブルが起きやすい生え方です。

骨の中に完全に埋まっている(埋伏歯)

骨の中で横向きに生えることで、完全に埋まっている親知らずです。この場合の親知らずは口腔内に露出していないので、虫歯や歯周病などのトラブルの原因となることはあまりありません。しかし、稀に骨の中に嚢胞という袋状の空洞を作ることがあり、感染すると痛みや顎の骨の腫れを生じるケースがあります。この場合、病変の一部を切除するか、親知らずとともに全てを摘出してから、病理検査をおこなうことが良いとされています。

親知らずが引き起こすトラブル

虫歯

親知らずが斜めに傾いて生えたり、途中までしか口腔内に露出しない場合は、歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多くなってしまうため虫歯のリスクが高くなります。また、隣の歯の隙間に食べカスや歯垢などの汚れが溜まりやすく、隣の歯が虫歯になってしまうこともあります。

智歯周囲炎

親知らずが斜めに傾いて生えたり、まっすぐ生えたとしても途中までしか口腔内に露出しない場合、歯磨きがしづらく、歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすいため、親知らずの周りが不衛生になってしまいます。そのため、親知らずの歯茎が炎症を起こしてしまうことで、腫れや痛みを生じる「智歯周囲炎」になってしまいます。智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎の骨にまで広がると、顔が腫れたり口が開きにくくなったりすることがあります。智歯周囲炎が重症化した場合は、炎症が軽減してから抜歯の処置をおこないます。

歯列の乱れ

親知らずが斜めに傾いたり横向きに生えている場合は、親知らずによって隣の歯(第2大臼歯)から前の歯列が押されてしまうため、歯列が乱れてしまうことがあります。また、親知らずは上下左右に1本ずつ生えてきますが、欠損している場合や全く生えてこないケースもあり、4本のうちの一部の親知らずのみが生えてきた場合は、歯並びや噛み合わせのバランスが崩れてしまうこともあります。

歯根の吸収

親知らずが隣の歯を押すように横向きに埋まって生えると、隣の歯の歯根吸収を引き起こしてしまう場合があります。歯根吸収が進むことで、親知らずだけでなく隣の歯の抜歯も必要になることがあるため注意が必要です。

抜かなくてもいいケース

抜歯をした方が良いケース

親知らずが重度の虫歯や歯周病になっている

親知らずの生え方によって虫歯や歯周病のリスクが高くなります。重症化した場合、治療をしても根本的な改善にはならず、繰り返すことが多いので抜歯をした方が良いです。

親知らずが隣の歯を押すように生えている

親知らずが隣の歯を押すように生えていることで、歯列が乱れてしまう原因になってしまうことがあります。その場合は、歯列が乱れる前に抜歯をした方が良いです。

親知らずが口腔内に少しだけ露出していて、これ以上生える見込みがない場合

親知らずが斜めに傾いて生えている場合は、口腔内に完全に露出しないので歯磨きなどのお手入れもしにくく、汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなることから、抜歯をした方が良い場合が多いです。

親知らずがしっかりと噛み合っていない

親知らずは噛み合わないと向かいの歯の方向に延びていきます。それによって向かいの歯茎や頬の粘膜を傷つけてしまい、口内炎などを引き起こして痛みを生じるようになるため、抜歯が推奨されます。また、噛み合わせの乱れは様々なトラブルの原因にもなってしまいます。

親知らずの周りに嚢胞ができている

親知らずの周りに嚢胞という袋状の空洞を作っている場合、残しておくことでトラブルの原因となるため、抜歯をした方が良いとされています。

親知らずがまっすぐ生えていて、歯としての機能が正常である場合や、お手入れもしやすく虫歯や歯周病のリスクを高くする要因にならない場合は、あえて抜歯をする必要はありません。また、親知らずが完全に歯茎の中に埋まっており、隣の歯に影響を与えていない場合なども抜歯の必要はありません。さらに、近年では親知らずをあえて保存することで、虫歯や歯周病などで失くした歯の代わりに親知らずを移植する「自家歯牙移植」という治療法もあるため、抜歯をする必要がない場合は、あえて残しておくという選択肢もあるのです。

Doctor’s コラム

2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。
2020/8/22
目立ちにくい歯列矯正治療とは
目立ちにくい矯正装置を使用した治療を選択することで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。
2020/8/11
虫歯は遺伝するの?
虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」という細菌です。この菌が食べ物に含まれる糖を栄養源として酸を出し、その酸によって歯のエナメル質を溶かしていきます(脱灰)。はたして虫歯は遺伝するのでしょうか。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング