矯正歯科とは|大分県別府市の矯正歯科

矯正歯科とは

ご自身の歯が、虫歯や歯周病になってしまった時に、私たちは歯科医院で治療をおこないますが、その場合の歯科医院は、一般的に虫歯などの口腔内の病気を治す「一般歯科」のことをいいます。

歯科は、歯科医療機関が掲げることができる診療科目が決まっており、医療法によって、「一般歯科」、「小児歯科」、「矯正歯科」、「口腔外科」の4つに分けられています。その中でも、歯並びや噛み合わせの治療を専門的におこなう歯科を矯正歯科といいます。

歯並びが悪いことで、食べ物をうまく噛むことができなかったり、口を閉じることができないなどといった問題から、消化器官に負担がかかったり、口腔内が不衛生になることで虫歯になりやすくなったり、口臭の原因になったりなどのトラブルの原因になってしまいます。さらに歯並びの悪さ(不正咬合)は、噛み合わせの悪さにも繋がるため、一定の歯に負荷がかかってしまい、歯や歯茎を痛め、結果として歯を失う原因になってしまいます。それだけでなく、偏頭痛や肩こり、顎関節症を引き起こす要因にもなるのです。矯正歯科では、矯正装置を使用することで歯並びや顎の位置を正しい位置に戻したり、子供の成長を利用して顎を広げることで歯の生えるスペースを確保したりといった、歯や顎を正しい位置に動かす矯正治療を専門的におこないます。

矯正治療には主に金属製のブラケットという器具を歯の表、もしくは裏に装着してワイヤーを通し、歯を引っ張ることで歯を動かしていくブラケット矯正治療と、透明のマウスピースを歯に装着し、一定期間ごとに動く歯に合わせたマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かしていくマウスピース矯正治療があります。その際、歯並びの状態や患者さんのご要望を医師と相談して矯正装置を選択することが可能です。 それでは、どのような不正咬合の場合に矯正治療が必要なのかをご説明いたします。

矯正が必要な不正咬合

叢生

歯がデコボコの状態の歯(乱ぐい歯)や、歯が重なって生えていたり、一部の歯が歯列の外に飛び出している状態の歯並びのことを叢生といいます。八重歯と呼ばれる犬歯も叢生の一つです。叢生は、顎の大きさと歯の大きさのバランスが取れていないことで歯の並ぶスペースが確保できなかったり、隙間が出来てしまう事が原因です。歯がデコボコしているため、歯磨きの際に歯ブラシが届かない場所ができてしまうため、磨き残しが多くなってしまいやすく、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

上顎前突

上の前歯が強く前に出てしまっていたり、上の歯が前に出た状態の噛み合わせで、出っ歯ともいわれるの不正咬合です。原因として、下顎が上顎よりも小さかったり、顎の位置が後ろにあることで上顎前突になってしまいます。さらに、幼少時の頃の指しゃぶりの癖が原因の場合もあります。上顎前突の場合、口をうまく閉じることができないため口腔内が乾燥しやすくなったり、転倒の際に前歯を折ったり、唇を切ったりしやすいです。また、下の前歯が上の前歯の裏側の歯茎を傷つけてしまう場合もあります。

下顎前突

下の前歯、もしくは下顎が強く前に出てしまうことで、上下の歯を噛み合わせた際に下の前歯が上の前歯よりも前に突出している状態で、受け口といわれる不正咬合です。さらに前歯の噛み合わせが悪くなるため、咀嚼障害を引き起こしてしまいます。また、顎関節症を引き起こす要因にもなる場合があります。下顎前突は、上顎よりも下顎の方が大きく成長してしまうという先天性のものが原因であったり、幼少時の頃の指しゃぶりや爪を噛む癖、舌で前歯を押してしまうような舌癖が原因で下顎前突になってしまう場合があります。

開咬

上下を噛み合わせた時に、奥歯の数本しか噛み合っておらず、前歯が閉じない状態のことを開咬といいます。噛み合わせの際に奥歯に負担が強くかかってしまうため、奥歯の歯茎が炎症を起こしてしまったり、歯が折れてしまう原因になってしまいます。開咬の原因として、下顎の成長する方向が悪いといった先天的な原因や、指しゃぶりや舌を突き出したりするなどの舌癖、口呼吸などによって開咬になる場合があります。

過蓋咬合

上の前歯の噛み合わせが強く、下の前歯が隠れてしまうほど噛み合わせが深い状態のことを過蓋咬合といいます。噛み合わせが深いため、下の前歯が上の前歯の歯茎への噛み込みをし続けてしまい、顎が骨吸収を起こしてしまうこともあります。さらに噛み合わせによって、顎の関節が押し込まれてしまうため、顎関節症になってしまう場合もあります。原因として、上下の顎の大きさの成長のバランスが悪いことや、乳歯が通常よりも早く抜けてしまったり、虫歯や歯周病で奥歯を失ってしまうことで奥歯が空いたスペースに倒れこんで生えてしまい、奥歯の噛み合わせが悪くなることで過蓋咬合になる場合があります。

空隙歯列

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間がある状態で、すきっ歯といわれる不正咬合です。歯と歯の間に隙間があることで、徐々に隣の歯が傾いてきてしまい、上下の向かい側の歯が突出してくることがあり、それが原因で顎がずれてしまい噛み合わせが悪くなることがあります。原因としては、先天的な異常のため生えるはずの歯が生えてこない場合や、舌を歯の間に入れたりすることで、前歯が押されて動くため、歯と歯の間に隙間ができてしまう舌癖ですきっ歯になる場合があります。

その他にも唇顎口蓋裂などの先天異常による不正咬合や、噛み合わせが不安定な場合や、顎関節症の場合も矯正治療が必要となる場合があります。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング