大分県で出っ歯でお悩みの方は別府市の矯正歯科、新港イトセ歯科へ

上顎前突(出っ歯、小さい下顎)

まずは動画にて歯が動いていく
過程をご確認ください。

step.01 /初診時

上顎の前歯がかなり前に出ていて上下の前歯が噛めない状態です。一般的に言われている「出っ歯」の状態です。奥歯も右が2級不正咬合で左は1級咬合ですので正中に上下のズレが見られます。上下左右の5番を抜歯し上顎は前歯を中心に後方移動し下顎は奥歯を中心に1級咬合にする治療計画を立てました。

出っ歯の初診時

step.02 /3ヵ月後

10日に一度インビザラインマウスピースを交換していきますので3ヶ月目で9個のインビザラインマウスピスを使用しております。 抜歯したスペースを徐々に閉鎖していく段階です。

出っ歯の3カ月後

step.03 /6ヵ月後

上顎の前方の8本を同時に後方移動し上下の前歯が接触するまでもう一息です。 抜歯スペースも半分以下になり1級咬合に向かっています。

出っ歯の6カ月後

step.04 /9ヵ月後

上顎前歯の後方移動をしながら正中を合わせにかかります。 上顎前歯の傾斜も緩やかになり突出感がなくなってきております。

出っ歯の9カ月後

step.04 /12ヵ月後

全てのスペースが閉鎖し上顎の前歯は十分に後退し審美的にも良好な状態。奥歯も1級咬合となりかみ合わせもよくなりました。 これだけ大きな前歯の後方移動を行ったとしてもインビザラインでは前歯が内側に倒れた仕上がりになるといったことはありません。

出っ歯の12カ月後

<< 症例別の治療法一覧に戻る
  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング