大分の矯正歯科治療は新港イトセ歯科へお任せください

menu

大分の矯正歯科なら新港イトセ歯科

反対咬合(受け口)の非抜歯でのインビザライン

現在治療途中ですが今回は反対咬合の治療を希望され半年ほど前に大分市より当院へ来院された患者さんの治療紹介です。

歯列矯正治療を行うにあたり出来る限り歯を抜きたくないとのご希望がありましたので抜歯した場合と非抜歯で治療した場合の違いを詳しくご説明させていただいた上で非抜歯で治療をすることになりました。なるべく見えないように矯正をしたいということもありワイヤーでの矯正治療ではなく透明のマウスピースで矯正をスタートすることになりました。

まだ治療開始から半年程度ですがかなり歯並びがよくなってきております。治療予定期間は1~2年程度の予定ですが概ね1年程度でゴールに近いところまでもっていけると思われます。
反対咬合、非抜歯の症例

インビザラインの治療計画である3Dでのクリンチェックを見ていただいてもわかるとおり下顎の前歯が上顎の前歯より前に出ておりますのでそれを改善することが今回の矯正治療の主な目的となります。
クリンチェック

奥歯の噛みあわせが不十分ですがしっかり噛ませるように修正をかけておりますのであと半年くらいで前歯、臼歯とも完成です。歯磨きの状態もよく歯肉炎もみられません。

 

 

  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

新港イトセ歯科医院
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP:http://www.itoseshika-kyousei.com/

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031