大分の矯正歯科治療-インビザライン・マウスピース・裏側矯正

矯正治療の種類

近年は歯並びやかみ合わせを気にする方が増えてきています。 デコボコの歯並びだったり、前歯が出ていたり(出っ歯)、下歯が出ている(受け口)、噛み合わせが悪いなど、悩みはそれぞれです。歯並び・噛み合わせが悪いと、しっかりと歯磨きをおこなっても歯と歯の間、歯と歯茎の境目がうまく磨けず虫歯や歯周病になりやすくなります。

大分県で歯列矯正をおこなっている新港イトセ歯科では、様々な矯正歯科治療をおこなっております。インビザラインをはじめ、お悩みの患者様に合った矯正歯科治療をご提案しますので、まずは無料カウンセリングをお申し込みください。

透明で目立たないワイヤーを使用しないマウスピース型の矯正装置

見えない矯正インビザライン

透明のプラスチックでできた装置なので、目立ちにくく、違和感が少ない。そして患者さん自身で取り外し歯磨きができるので衛生的です。また、装置が外れるなど、ワイヤー矯正と比較すると治療中のトラブルが少ないのが特徴です。新港イトセ歯科は西日本では3件ほどの歯科医院しか認定されていない「ダイヤモンドプロバイダー」に認定されており安心してインビザライン矯正治療を行うことができます。

インビザラインについて詳しくはこちら

歯の裏側につけるので、表面からはまったく見えない矯正治療

舌側矯正、裏側矯正

当従来の矯正治療のように歯の表側に装置をつけずに歯の裏側に装置をつけることで、他人に知られることなくいつのまにかきれいな口もとを作ることができる“見えない矯正"が特徴の裏側矯正です。舌側矯正システムは、従来の表からの矯正治療における制約を大幅に改善し、快適な矯正装置として開発されました。

舌側矯正について詳しくはこちら

従来のものと比較して目立たなくなったスタンダートな矯正

唇側矯正

唇側矯正 従来のものと比較して目立たなくなったスタンダートな矯正 唇側矯正はブラケットとよばれる矯正装置を歯の表面に取り付けてワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させます。 症例や装置の種類が豊富にあり、患者様への肉体的・精神的・金銭的な負担が最も軽い治療法です。

唇側矯正について詳しくはこちら

アクアシステムは透明で目立たないマウスピース型の矯正装置

マウスピース矯正

アクアシステム矯正は、"アクアフレーム"と呼ばれるマウスピース型の透明なフレームを付け替えていくという、「目立ちにくく」、「取り外しもできる」という全く新しい矯正歯科治療の方法です。「矯正治療をしたいけど長い間金属の装置をつけるのはいやだ。」と矯正歯科治療に踏みきれなかった方にも安心してお使いいただける矯正装置です。

マウスピース矯正について詳しくはこちら

Doctor’s コラム

2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。
2020/8/22
目立ちにくい歯列矯正治療とは
目立ちにくい矯正装置を使用した治療を選択することで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。
2020/8/11
虫歯は遺伝するの?
虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」という細菌です。この菌が食べ物に含まれる糖を栄養源として酸を出し、その酸によって歯のエナメル質を溶かしていきます(脱灰)。はたして虫歯は遺伝するのでしょうか。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング