大分の見えない舌側矯正治療(裏側矯正)なら別府市の新港イトセ歯科へ

舌側矯正治療・裏側矯正

チタン製のスクリューやプレートを歯の周辺の骨に取り付けて、これを固定源に歯を動かしていく方法です。 従来の方法では、難しかった歯の移動が可能になりました。

ミニインプラントを使用した矯正治療例

インプラント矯正の利点

  • 治療期間が短くなる。
  • 矯正治療上、症状によっては取り外しの装置等を使って頂く事もありますが、こういった患者様のご協力が最小限ですみます。
  • 抜かない治療の幅が広がります。
  • 上下舌側 90万円(税込)
  • ハーフリンガル(上顎舌側下顎唇側)80万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?
2020/10/03
歯列矯正で改善する?歯並びと発音の関係
不正咬合は、見た目だけでなく発音にも影響を与えるのです。歯並びが悪いため特定の発音がしづらくなってしまうのです。
2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです。
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング