矯正治療でどのようなことが改善できるのか|大分県別府市の矯正歯科

矯正治療で改善できること

矯正治療は、歯並びや噛み合わせが悪い歯(不正咬合)を、矯正装置を歯に装着するマルチブラケット矯正などによって、患者さんの理想の歯並びや噛み合わせにすることができる治療法です。見た目の美しい歯並びと正しい噛み合わせは、私たちの身体の様々なことを改善することができます。矯正治療でどのようなことが改善できるのか、ご説明いたします。

矯正治療で改善できること

不正咬合の歯並びを矯正治療をおこなうことで治すことにより、様々なことが改善されます。

歯の寿命が延びる

噛み合わせの悪い歯は、どうしても均等に歯に力をかけることができず、一定の歯に強い力がかかってしまいます。そのため歯に負担がかかってしまい、歯が欠けたり折れたりして歯の寿命を短くしてしまいます。しかし、噛み合わせが均等になることで一定の歯にも負担がかかりにくく、さらにしっかりと食べ物を噛むことができるため、消化を助けるので胃腸への負担も軽減することができます。また、しっかりと噛むことができると、唾液の分泌量も増えます。唾液には抗菌作用があるため、口腔内を清潔に保つことができるのです。正しい噛み合わせは、歯の寿命がを延ばすだけではなく、消化器官への負担も軽くすることができるのです。

虫歯や歯周病のリスクを軽減できる

歯並びが悪いと、どうしても歯ブラシが届かない場所が出てきてしまうことがあり、磨き残しが多くなってしまいます。そのため、磨き残した食べカスなどが溜まってしまい、プラークなどの細菌が歯や歯と歯の間の隙間に溜まりやすくなってしまい、虫歯や歯肉炎、さらには歯周病にもなりやすくなってしまいます。しかし、矯正治療によって歯並びがキレイになることで、歯ブラシが隅々まで行き届くので磨き残しが少なくなり、プラークもたまりにくくなります。そのため、虫歯や歯周病のリスクを軽減することができるのです。

顎関節症のリスクを軽減することができる

不正咬合は上下の顎のバランスも悪くしてしまいます。そのため、口を開いた際に顎がカックンと音がしたり、顎に痛みが出たりするなどといった顎関節症を引き起こす場合もあります。個人差もありますが、顎が思い通りに動かないために食べ物が噛みづらかったり、痛みを感じて口が開かない事もあります。さらに肩コリや腕が痺れたり、偏頭痛や耳や鼻に異常を感じる場合もあります。しかし、噛み合わせを治すことで顎の位置が正しい位置に戻るので、噛み合わせが原因で顎関節症を引き起こしていた場合は、それらの症状の改善が期待されます。

見た目のコンプレックスを改善できる

歯並びが悪いため、歯や口元にコンプレックスを持っている方も多く、人前で歯を出して笑ったり話したりすることが恥ずかしいと感じてしまい、話す際に手で口元を隠してしまったり、あまり喋らなくなってしまったりと、性格も暗いと感じられてしまいがちです。しかし、矯正治療によりキレイな歯並びになることで、コンプレックスだった口元を気にせず笑ったり話したりできる様になるため、周囲からの印象が明るくなったと感じられることがあります。歯並びが治ることで心の健康にも繋がるのです。また、仕事において人前で話すことが多い方などは、口元によって印象がかなり変わってくるため、場合によって仕事にも大きくプラスに影響することがあります。

運動能力が向上する

運動などの歯を食いしばる際に、噛み合わせが悪いとしっかりと食いしばることができないため、力が分散してしまいます。正しい噛み合わせに治すことで、歯に均等に力がかかるため、しっかりと食いしばることができるので、運動能力の向上が期待されます。近年スポーツ選手がマウスピースをして試合をおこなっているのも、マウスピースによって正しい噛み合わせにしているからなのです。

子供の矯正治療で改善できること

子供の頃の指しゃぶりや舌癖、口呼吸などの癖や習慣は、大人になってからの歯並びに大きく影響してしまうことがあります。また子供の頃から早期に矯正治療を始めることで顎の成長を促したり、また顎が成長しすぎるのを抑えたりといった骨格を治すことができるため、出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)になりにくくなります。成長過程の顎を利用しての矯正治療ができるため、顎の成長が終わってしまった大人になってからの矯正よりもメリットが多いのも子供の矯正治療の特徴です。さらに、子供の頃から治療をおこなうことで、早期に悪い癖や習慣を治したり、歯を正しく磨く習慣や、虫歯や歯周病を予防することなどの歯に対しての意識も高くなります。 つまり子供の矯正治療によって、大人になったときの不正咬合を未然に防ぐことができると言えるのです。

Doctor’s コラム

2020/7/29
虫歯が痛くなくなった場合は要注意
基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので注意が必要です。
2020/7/25
予防歯科の重要性
近年、歯科治療に対して、これまでの「虫歯や歯周病になってから歯科医院で治療する」という考え方ではなく、「虫歯や歯周病にならないように予防する」という「予防歯科」の考え方が重要視されています
2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング