矯正歯科はなぜ必要なのでしょうか|大分県別府市の矯正歯科

矯正歯科はなぜ必要?

歯並びがデコボコであったり、噛み合わせが悪いといった不正咬合をキレイな歯並びにして、噛み合わせをよくするための治療法として矯正歯科治療があります。矯正治療をおこなう最も多いの理由の一つは、見た目をキレイにしたいということです。日本は世界において、歯の美的意識が低いと言われています。欧米などでは、歯の美しさがステータスの一つとして考えられているくらい、歯の見た目は重要なのです。そんな見た目をキレイにする矯正治療ですが、見た目以外にも私たちの身体の健康に大きく関係しています。歯並びが悪いことが、身体の健康にどのような影響を及ぼすのか、そして矯正歯科はなぜ必要なのかをご説明いたします。

歯並びが悪いことによって起こる問題

虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪いと、歯を磨く際に歯ブラシが届きにくい場所が出来てしまうため、磨き残しを起こしやすくなります。磨き残した食べカスなどが、溜まってしまうことでプラークや細菌が繁殖してしまい、虫歯や歯肉炎になる原因となってしまいます。虫歯や歯肉炎が進行すると歯周病になってしまい、身体の様々なトラブルの元になってしまいます。

咀嚼障害が起こる

咬み合わせが悪いと、食べ物をしっかりと噛むことが出来ないために、食べ物が消化されにくくなり胃腸などの器官に負担がかかってしまいます。さらに咀嚼の回数が減るため、唾液の分泌量が減ってしまうため口腔内の浄化作用が弱くなってしまいます。それにより歯の病気だけではなく、口臭の原因になることもあります。

正しく発音できない

受け口やすきっ歯などの不正咬合の症状によっては、サ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に、舌を歯に触れて発音する英語などの外国語の発音がしづらくなると言われています。近年、英語が公用語となっている企業も多くなっているため、発音がしづらいことが仕事にも影響を及ぼすことにも繋がるのです。

顎関節症を起こしやすい

噛み合わせが悪いと、上顎と下顎のバランスも悪くなってしまうため、口が開きにくくなります。さらに口を開いた際に顎の関節がカックンといった音がするようになったり、関節の周りが痛むといった顎関節症の原因にもなってしまいます。

歯並びにコンプレックスを持ってしまう

歯並びが悪いと、人前で大きく口を開けて笑ったり話したりすることが恥ずかしいと感じてしまい、つい口元を隠してしまうようになってしまいます。歯並びがコンプレックスになってしまうこともあるため、人前で笑ったりすることができにくくなり、コンプレックスになりがちです。

子供の矯正はなぜ必要なのか

矯正治療は子供の頃に多くおこなわれています。その理由として、子供の時期は成長発育をしている途中であるため、上下の顎の骨のバランスが整えやすいので、顎の骨やその他の発達に影響を及ぼすような症例に効果的な場合があるためです。 また、指しゃぶりや口呼吸などの悪い癖は、成長するにつれて歯並びや噛み合わせに影響してしまうだけではなく、身体の健康にも悪影響になるため、矯正によって問題を改善させることで、それらを予防することも期待できます。さらに子供の時から歯科矯正治療を始めることで、虫歯や歯周病などの予防知識や歯に対する意識も身についてきます。また子供の頃に矯正治療をおこなうことで、顎や顔の成長が変わってくる場合もあります。

8020運動

8020運動とは、1989年に当時の厚生労働省と日本歯科医師会によって推奨された、80歳になっても自分の歯を20本以上残すことを目標にした運動です。80歳で20本以上の歯を持つ人は、何でも好きなものを不自由なく食べることができたり、歯を見せて笑うことができたりするため、歯の数が少ない人に比べて社交的であったり、オシャレであったり、ストレスが少なく機嫌が良いといった傾向がみられるという調査結果も出ています。さらに、80歳で20本以上の歯が残っている人たちの前歯や奥歯はしっかりと咬み合い安定していました。つまり、歯並びや咬み合わせは全身の健康状態と強く関連していると考えられ、健康で快適な毎日を過ごすためには、正しい咬み合わせはとても重要なのです

矯正歯科はなぜ必要なのでしょうか

矯正歯科は、歯並びが悪いことによって起こる問題を解決するための治療法です。 キレイな歯並びになることで、歯磨きもしやすくなり、歯ブラシも隅々まで行き届くようになります。そのため磨き残しも少なくなり、虫歯や歯周病の予防に繋がります。さらに噛み合わせが良くなることで、しっかりと食べ物を噛むことが出来るので胃腸への負担も少なくなります。また唾液の分泌も増えるので、口腔内を清潔に保つことも出来ます。

正しい噛み合わせは、顎のバランスもよくするため、発音がしやすくなったり、顎関節症の改善も期待できます。また、コンプレックスに感じていた歯並びがキレイになることで、人前で笑うことが多くなり、内面的にも明るくなります。 このように矯正歯科治療は、心と身体の健康に大きく関わっているため、必要であると言えるのです。 もしも歯並びや噛み合わせに不具合を感じていて、矯正歯科治療をお考えの方は、まずは当院でのカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/7/29
虫歯が痛くなくなった場合は要注意
基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので注意が必要です。
2020/7/25
予防歯科の重要性
近年、歯科治療に対して、これまでの「虫歯や歯周病になってから歯科医院で治療する」という考え方ではなく、「虫歯や歯周病にならないように予防する」という「予防歯科」の考え方が重要視されています
2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング