矯正装置を付けていると虫歯になりやすいのか?|大分県別府市の矯正歯科

矯正装置を付けていると虫歯になりやすいのでしょうか?

矯正歯科治療の矯正装置は、大きく分けて、歯の表面もしくは裏側にブラケットという器具をつけ、ワイヤーをブラケットに通して歯を引っ張るブラケット矯正治療と、透明なマウスピースを歯に装着して、一定期間ごとに動いている歯に合わせたマウスピースに変えていくことで、ゆっくりと歯を動かしていくマウスピース矯正治療に分けることができます。 このように、矯正装置を使用して歯を動かす矯正治療ですが、矯正装置を装着することで虫歯などの口腔内トラブルが起きてしまう場合もあります。しかし、これらのトラブルは、歯科医院の医師の指導のもとでしっかりと矯正治療をおこなうことで、予防できたり回避できたりすることが可能です。矯正治療は、患者さんと歯科医院の連携が重要なのです。

矯正治療中は虫歯になりやすいの?

矯正装置の中でも特に、ブラケット矯正治療は装置の影響で歯ブラシでは磨きにくい箇所があったり、食べカスなどが残ってしまう事で虫歯の原因となるプラークが歯に付きやすくなってしまったりといった、口腔内が不衛生になりやすい環境下になってしまうため、虫歯にもなりやすいです。しっかりと磨いていたつもりでも、装置と歯の間に食べカスが挟まってしまっていたり、ワイヤーがある箇所は特に磨きにくくなってしまうため、歯磨きの際は、手鏡を持って磨くなど、根気よく歯磨きするように心がけが大切です。 また、虫歯にならないために、歯科医院での指導のもとでしっかりと歯磨きの方法を習ったり、定期検診を受けてご自身の口腔内をチェックする事などの虫歯に対する予防策もあるためご安心ください。

もしも虫歯になった場合でも、医師が虫歯の程度や箇所などを把握する事で、虫歯の治療方法も変わってきます。大抵の初期段階での虫歯の治療の場合は、装置を外さずに治療が可能です。適切な虫歯治療をおこなうことで、問題なく矯正治療をすることができるため、安心して矯正治療をおこなうことが出来るといえます。

虫歯になりやすいのかを検査する

口腔内の環境は、一人一人違います。そのため、もともと虫歯になりやすいという方もいます。その場合、虫歯のなりやすさを調べることができる、カリエスリスク検査をおこなう事で、歯の質や唾液の量と質、口腔内の細菌の量や普段の食生活などを検査することができます。 カリエスリスク検査によって、何が虫歯になる大きな要因となっているのかを調べることが可能なため、要因に応じた口腔内の改善法をおこなうことで、確かな虫歯予防の効果を得る事も可能です。

矯正中に虫歯にならない方法

正しい歯磨き

やはり普段からの歯磨きが最も大切です。矯正中は、1回の歯磨きでは汚れが取りきれないことも多いため、通常よりも歯磨きの回数を増やすなどの対応も大切です。 また矯正用の歯ブラシがあるため、その歯ブラシを使用すること効果的です。歯磨きの方法が原因で虫歯になる事もありますので、歯科医院での定期的な検診で、正しい磨き方の指導を受けることをお勧めいたします。

ワンタフトブラシ

歯並びがデコボコしている箇所は、ブラシが届きにくいのでどうしても磨き残しが多くなりがちになってしまいます。その場合に効果的なのは、ワンタフトブラシです。 ワンタフトブラシは、筆のように尖った小さなブラシで、毛束をカットした形状となっているため、より深い箇所をしっかり磨くことができます。また、細い毛束のために歯のデコボコの部分にフィットさせることもでき、しっかりと磨くことができます。さらに、ブラケット矯正治療の際のワイヤーの下や、ブラケットの周辺なども磨くことができるため、矯正中の歯磨きに効果的です。

歯間ブラシを使用したお手入れ

ブラケット矯正のワイヤーや、ブラケットを装着している箇所は、デンタルフロスが使用できないため、歯と歯の間の汚れが残ってしまうことが多いです。その場合は、歯茎に近い部分を清掃できる歯間ブラシを使用しましょう。上手に歯間ブラシを使用することで、食べカスやプラークなども取り除くことができるため、口腔内を清潔に保つためにも効果的です。歯間ブラシはワイヤー製のものや、シリコンで傷つきにくい構造のものなどと種類が豊富です。そのため、通りにくい箇所に無理に歯間ブラシを通してしまうと逆に歯茎を傷つけてしまうことがあるため、サイズも数種類用意してみるのもおすすめです。歯間ブラシは、ご自分にあったものを使用することで取り効果が得られます。どの歯間ブラシが合うのかも歯科医院で相談しましょう。

定期的な歯科医院での検診

ご自身の毎日のケアだけでは、取り除くことができない箇所も出てきてしまいます。そのため定期的な歯科医院での検診で、歯のクリーニングや、虫歯の早期発見や治療、フッ素の塗布することで歯の強化や虫歯も予防したり、歯磨きの正しい方法の再確認などをおこなうことで、ご自身での毎日のケアの質をさらに上げることが可能です。定期的な歯科医院での検診は矯正治療を計画通りスムーズに治療することが可能になります。

高い費用をかけておこなう矯正治療ですので、虫歯のない健康な口腔内を保つためにもこれらを徹底しておこなうことが重要なのです。

Doctor’s コラム

2020/7/29
虫歯が痛くなくなった場合は要注意
基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので注意が必要です。
2020/7/25
予防歯科の重要性
近年、歯科治療に対して、これまでの「虫歯や歯周病になってから歯科医院で治療する」という考え方ではなく、「虫歯や歯周病にならないように予防する」という「予防歯科」の考え方が重要視されています
2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング